腰椎は前方に椎体があり、後方には椎弓があります。椎間関節と呼ばれるものです。この椎体と椎弓の間に椎弓根があります。この椎体と椎弓が離れた状態を腰椎分離症といいます。

スポーツとかでは、腰椎後方部分で疲労骨折が起こり進行すると骨が割れた(分離した)状態になる事があります。体質的な要素もあります。

野球・サッカー・ゴルフ・ウエイトリフティング・体操などのスポーツで見られます。特に体操、ウエイトリフティングなどのスポーツで良く見られます。

損傷が発生するのは第五腰椎(L-5)に多く腰椎後部にある関節突起間部に骨折が起こります。上下の椎骨と関節を形成する突起の間の部分です。力学的なモデルを用いた実験研究で腰椎に反りや捻りを加えると、関節突起間部に負荷が集中することが明らかになっています。

それと、先天性のもの(生まれつき)もあります。椎体や椎弓の形状異常を認めるものが多く、高度なすべり症を生ずることがあり注意を要します。変性すべり症ですと女性に多く、第4腰椎に多いようです。



 

腰椎分離症ってどう判断する?

腰椎分離症って聞いたことありますか?この疾患は成長期に活発にスポーツをすることで起こる「疲労骨折」です。10代前半のお子さんで、急に腰が痛くなったって言った事ありませんか?それか、普通の運動はできるけど、背中をそらすと痛むとか。

 

「前かがみになっててがつかない」

「歩いている時や基本姿勢の時は大丈夫だが、背中を反らすと痛む」

 

以上の2つのどれかか、2つともある場合は腰椎分離症を疑ってください。分離症はどこの腰椎にも起こるものではなく、基本的には下部の腰椎(L5)に起こりやすいと言われます。

まずは整形外科でレントゲンをとった方が良いです。分離症はいわば骨折ですから、ちゃんと診てもらった方がいいですよ。

 

 

何故分離症になるの?原因は?

分離症に一番なりやすいのは、身体が最も柔軟な中学生くらいの子に起こりやすいと言われています。成長期でまだ骨格が完全に出来上がっていないので、部活の中で身体に負担をかけ続けると腰が悲鳴を上げる訳ですね。

 

①ジャンプ

②腰を捻る

③腰を回す 等

 

 

 

負担が掛かりまっくた腰椎は、疲労骨折のように、腰椎が分離してしまう(椎体と椎弓が離れ離れになる)のです。誰しもが中学生や若いうちに激しいスポーツをすると分離症になってしうという訳ではなく、元々の体質も関係あると言われます。

分離症の人は、全人口の約5%と言われていて、「ただの腰痛」だと思って病院に行かずに、実は分離症になっている方も結構います。それほどはっきりとした症状ではなく、普通の腰痛だと判断してしまうのですね。

プロのスポーツ選手ですと、20~30%の人が、腰椎分離症になっています。それだけ激しく身体を動かしているのでなりやすいんです。

 

原因は「ゆがみ」

 

腰椎分離症はスポーツなどで繰り返し腰に負担がかかることで起きるものですが、実は腰に原因はない事もあります。そのため、骨がくっついたとしても痛み・しびれが残る場合があるのです。

腰椎分離症の本当の原因は「ゆがみ」カラダがゆがんだ結果、腰に負担がかるのです。その状態で激しいスポーツを行えば、さらに腰には負担がかかり疲労骨折を起こします。

直立した時に前後左右に身体が偏ってたりします。結構誰でも見分けがついて、外見からでも歪みはわかります。猫背もそうですね。「ゆがみ」を解消すれば分離症でも症状は出にくいカラダになり、再びスポーツができるようになりますよ。

身体のゆがみについてはこちら→からだのゆがみを解消!

基本的には、腰や足に疲労がたまっていて、それを上手く柔軟出来ず、そのままの状態の筋肉に負荷が掛かることが一番よくありません。

分離症になった人のだいたいは、腰・足・お尻の筋肉がガチガチです。

 

 

現れる症状にどんなものがある?

腰椎分離症には

 

①腰に感じるズーンと重くにぶい痛み

②前かがみの姿勢になった時にピキーンと痛む、前かがみになれない

③しゃがんだときにズキーンと痛みを感じる、しゃがむ事ができない 等

 

スポーツ等でまだ骨が未完成で成長している時(小学生・中学生に起こりやすい)に繰り返し腰に負担がかかり腰の骨が疲労骨折したものです。それ以外にも、生まれつきの先天的なものもあります。

病院でこんな事言われた事ありませんか?

 

「コルセットで固定して安静にしていれば良くなるよ」

「だいぶ前に骨折しているからもう治らないと思います」

 

結構平気で治らないとか言う先生がいらっしゃいますが、骨折が治れば腰の痛みはなくなって、骨折が治らなければ腰の痛みは治らないと思ってしまいますよね。

骨折は治っていなくても痛み・しびれを感じない人もいます。ですので「腰の骨が疲労骨折してるから」「もう骨はくっつかないから」腰の痛み・しびれは治らないんだと思わないでください。

 

悪化した場合

腰椎分離症の人の10~20%が「すべり症」になってしまいます。すべり症とは、名前の通り、骨が滑ってズレてしまう事です。背骨は一つ一つ骨が積み重なってできています。靭帯や骨どうしが関節することでバラバラにならず、上下の骨とくっついています。椎骨→椎間板(骨と骨の間にあるクッション的なもの)→椎骨といった感じで積み重なっている。

ですが、分離症でパカッと離れ離れになれば、関節がゆるみ、支えきれなくなり前方(後方)にすべってしまうのです。脊髄馬尾神経ってのがあるのですが、これに骨がすべったりして圧迫すると、足の痛みやしびれが起きやすくなります。

すべり症が悪化すると神経症状が強くなり、排尿排便障害も起き、最悪の場合手術をする可能性もでてきます。そうなってしまう前にしっかりと分離症を改善していきましょう。

 

 

改善するには?

分離症のような症状がでて病院で検査をすると「コルセットをつけなさい」と先生に言われると思います。ですが、コルセットをつけても効果的なのは、分離症になってすぐの時です。

ですが、コルセットをすれば腰が痛くなくて気分が良いと思う方は、是非つけてください。後は日常的にストレッチを多くするとか、身体を休める事をしっかりするとか、努力が大事です。

コルセットの正しい巻き方はこちら!

 

「痛みがあるくらいで練習はできないこともないからやっちゃえっつ!」

「腹筋や背筋の筋肉が弱いから痛くなるんだ!筋トレしまくろっ!」

 

無理をして行ってしまうと、返って腰に大きな負担となり、回復を妨げている場合があります。受傷した本人も

 

「練習休むとレギュラーになれないから休むのは無理!」

「痛みを耐えれば練習できるから練習しちゃえっ!」

 

と考えて、無理をする選手も多いのですが、腰の痛みをなめると後で痛い目にあいます。痛みを我慢して行うのはやめましょう。

まず本人にやって欲しい事

 

①部活は無理をしないで、長期間休むのを覚悟する。そして安静に休むこと

②極力激しい運動は禁止。スポーツ活動もダメです

③硬性コルセットを着用して骨折部分を治すことに努める

 

 

通常の骨折に対する治療と同様の対応をします。約2~3ヶ月間、部活動のみならず体育も含め全ての運動を禁止した方が賢明だと思います。

運動を禁止している間は、腰椎を安定させるための体操が大切です。腰部・骨盤の筋を伸ばすストレッチと強化の二つからなります。

運動を止めると役1ヶ月程でほとんどの腰痛は消失すると思います。2~3ヶ月経ったら、整形外科に行ってもう一度CTやMRIで骨折の具合を確かめて下さい。上手く骨がくっついていたら徐々に運動していきましょう。

治ったからと言って油断は禁物です。分離が存在することで、腰椎が不安定となり腰痛が再発することがあります。しばらくの間、軟性コルセットを着用しさらに体操を継続することが大切です。

腰椎分離を予防するため、とくに小学生のスポーツでは、腰に負荷が集中する練習は避け、全身をバランスよく使うような工夫が必要です。

分離症やすべり症にならないように、普段の体づくりは大切なんです。体幹トレーニングや筋トレ、ストレッチは怪我をしてなくても、怪我をしない為の方法として、毎日行った方が良いと思います。

怪我をしないように、日頃から自分の体を考えて行動していきましょう!

 

合わせてこちらもご覧ください。

腰の側弯症はストレッチポールで30パーセント回復する!

 

自宅で簡単に腰痛が消える体操「マッケンジー体操」

 

腰椎分離症について分からないことや、疑問に思ったことがあればお気軽にメッセ―ジ・お電話ご相談下さい。

お問い合わせ・診療のご予約はこちらをタップしてお電話下さい

Sponsored Links