1月13日(日)夕刻、交通事故に遭い『左鎖骨』を骨折しました。事故当日の詳しくはこちら

病院でレントゲンとCTで鎖骨、頭部を画像確認し、クラビクルバンドで固定して帰宅となりましたが、ココからの生活が想像以上に大変でした。鎖骨を骨折された方、肩関節を痛めて悩んでいる方の少しでも助けになればと思い、ここに記載します。

病院での固定が、一人で外せない?!

通常鎖骨を骨折した場合は手術適応に余りなりません。私の場合も原則的には保存療法と言って鎖骨帯(クラビクルバンド)を装着して骨同士をくっつけます。

しかしクラビクルバンドの問題点は自分の力で脱着することが出来無いという事です。つまり1人暮らしの方にはあまり向かないと思います。

私の場合は手術に踏み切った理由が、骨折した場所が思ったより外側だったことで手術適応となったこともそうですが、もし骨同士が付かなかった場合にその分時間的ロスが発生するために手術を選択しました。

鎖骨骨折の固定には、襷掛けのサポーターを巻かれます

なぜクラビクルバンドを装着するかと言いますと、折れた鎖骨の長い方(首から来ている)の骨が上に(やや後方)飛び出ます。これは鎖骨についている筋肉の影響ですが、これを抑えて折れた短い方の骨と位置関係をなるべく合わせてくっつけるからです。これを保存療法と言いって鎖骨骨折の大部分がこの方法を使います。

クラビクルバンドを装着しないとかなり辛くなります。

私は身近にクラビクルバンドの脱着をしてくれる方がいませんのでかなり困りました。特に利き手をケガしたので生活のほとんどが出来なくなります。

  1. 腕が上がらない。
  2. 腕を降ろしているのが辛い。
  3. 肘は曲げられるが、手を前に出せない。
  4. 箸より重いものが持てない。
  5. 力が入らない。
  6. 手を付くことが出来ない。
  7. リュックやショルダーをかけられない。

クラビクルバンドをキチンと装着しなかったり装着せずに過ごしますと、折れた骨同士が付きませんので治りが遅くなったり、最悪は骨が皮膚を突き破ると救急搬送になります。

クラビクルバンドを巻くことで、この辛さがある程度緩和されることと必要以上に動かさないので、折れた骨の周りの組織にダメージが出にくい事です。

ただクラビクルバンドの装着するデメリットは、重みや痛みが緩和される反面、動きを制限していますので着替え・入浴やトイレなどは特に困りました。

そこである程度クラビクルバンドの輪っかを作っておきますが、ハンドタオルを4つ折り位にした厚さと自分の指の厚さ分ほどの余裕があれば、固定力はかなり落ちますが自分で脱着しやすくなります。私は手術を選択しましたので、骨折ヵ所がひどくならない程度に固定されていれば良かったのでこの方法を使いました。

もし手術適応にならなかったら

身近にクラビクルバンドの脱着をしてもらえる人がいると、お風呂と着替え以外は装着したままになるので、骨の付きが良くなります。しかしパートナーなどがいない場合は自分でやらねばならないので、

  1. ご実家から通う(親族の方に脱着をお願いする)
  2. お風呂は温浴施設を利用する(スタッフの方に脱着をお願いする)
  3. 整骨院をうまく活用する

と良いでしょう。下着の上から装着するのと、脇の下にハンドタオルを折りたたんだものを入れてバンド固定しますので、夏場などはシッカロールベビーパウダーを着けてエアリズムを着ておくと良いでしょう。

自宅での過ごし方

①椅子があると、手をついて立ったり座ったりする必要が無いので、すごく便利に感じます。
②ダイニングテーブルなど高い台があると、手を置いておくことが出来ますし、肘~手にかけては動かしても痛みが無いので作業が楽になります。
③ベッドがあると寝起きが楽になります。

腕の動きに制限がかかりますが、痛みが緩和する分生活しやすくなります。

手術によるメリットとデメリット

1月13日に負傷して1月23日に手術となりました。病院側の配慮でなるべく早い日で取り計らっていただいたので助かりました。

保存療法ではクラビクルバンドを装着したまま折れた骨同士が付くのを待つのですが、およそ1カ月半から2ヶ月はかかります。さらにリハビリに1カ月から2ヶ月かかります。

手術といった観血療法(かんけつりょうほう)では、メリットとしてクラビクルバンドの代わりにプレートで固定しますので、今回はわずか10日程で一人で行う日常生活がある程度可能になります。(病院の手術日程などにより変わります)

ただしデメリットとしては手術に至るまでに手間がかかるのと入院中も大変です。

  • 手術前検査(血液・尿・心電図・呼吸器・HIV抗体検査)
  • 同意と説明(親族同伴)
  • 入院準備(排泄・入浴・爪・髭の手入れ)
  • 入院中は飲食制限があります(手術当日は飲食できず点滴です)
  • 術後は折れた時より痛いです(座薬投入)
  • 抜糸まではある程度気を使います(1週間)
  • 感染症の心配(気管挿管・点滴・手術中や術後、インフルエンザ等)

 

抜糸を終えて

1月31日にレントゲンを撮り、抜糸を行いました。経過も良好でしたのでそのままリハビリが始まりました。

鎖骨を止めているチタンプレートは一生そのままらしく、MRIや飛行機も大丈夫との事でした。そのプレートが骨と一体化するまでは、腕立て伏せの様に力をかけることは出来ませんし、肩より上に腕をあげますとプレートが剥がれてしまうので骨が固まるまではまだ制限がかかります。

リハビリは骨折後から肩関節周りの筋肉に、かなりの負担がかかっていたため硬直していました。まずはその筋肉をほぐしていくところから始まります。

ココがほぐれませんと腕を肩の高さ以上に上げることが出来なくなってしまいますので、まずはここをほぐしていくことが大事になります。その後も骨の癒合(ちゃんと骨同士がついてプレートも一体化した状態)を診ながら経過にあったリハビリが行われます。

手術をしてみて思った事

まず独身の方は様々な手続きや準備も自分一人で出来ますが、パートナーがいた方が心強いです。

ご家族の居る方は手術は麻酔や感染症のリスクを伴いますので、出来るだけ避けた方が良いと思います。

傷害保険など自動車保険以外に加入しておくこともお薦めします。

特に実家や家族が周りにいない単身赴任の方は休職可能であればお帰り頂く事をお勧めしますが、手術の選択肢がある時は、お仕事の兼ね合いでご検討ください。

一人暮らしの場合はかなり早く復帰できますのでストレスが軽くなります。