これは私が最初に陥った失敗です、、何も知識が無かったので、デザインとボードの軽さを重視して選んでしまい、いざ、海へ行ったら全く浮かずに安定しなくて本当に苦労しました。

サーフボードといってもたくさんの種類があって、お店にいっても、自分に何が合うのか分からず悩んでしまいますよね。私も悩んで結局失敗してしまいました、、、

ですが、サーフショップには、知識豊富のサーファーの方や、プロサーファーとして活躍している方が働いていることがあります。

そういった方々に自分がやっていきたい波乗りのスタイルを相談してみれば、詳しく丁寧に教えてくれます。もしかしたら、良い波のポイントも教えてくれるかもしれませんよ!

 

今回はこれからサーフィンを始めてみたい女性の方へ、サーフボードの種類・ボードの各部分の名称について詳しく説明していきます。




 

サーフボードを選ぶ時に大切なこと

①自分の体格に合っているかどうか

②自分の身長よりプラス15~20cm以上のものを選ぶ

 

 

自分の体格よりも小さすぎるボードを選ぶとうまく浮くことが出来ません。

 

 

 

やはり最初は、知識豊富な人と一緒に買いに行くか、お店の人と相談して決めるのが絶対おすすめです。私がいつもお世話になっているお店が・・・

 

 

 

 

ショートボード

 

ショートボードとは、約6フィート(約180cm)のことを言います

【メリット】

A,操作性が良く

B,小回りがきく

C,ターンやトリックを決めやすい

 

 

なので、バンバン技を決めたい人にはショートボードがお薦めです。

そして、何より軽いので持ち運びが非常に楽です。

 

【デメリット】

A,浮力が少ないので初心者には難易度が高く、扱いづらい

B,波が小さいと、乗るのがかなり大変になり、なかなか楽しめない

 

 

中級者~上級者向けですが、試合などでカッコよく見えるのはこれです。

 

 

ロングボード

 

ロングボードとは、約9フィート(約270cm)以上のものをいいます。

【メリット】

A,浮力があって安定感がしっかり

B,パドルが楽

C,テイクオフが素早くできる

 

 

なので、小さい波でも長く波に乗れ、ショートボードよりもとても簡単に楽しむことができます。

 

 

【デメリット】

①重くて、持ち運びが大変

②女性一人で持つのはなかなかしんどいと思います、、

 

小さな波でもゆったり楽しめる・・・年配の方に人気ですね

 

 

 

ファンボード

 

ファンボードとは、約6.5フィート~9フィート(約200cm~270cm)のものをいい、

ショートボードとロングボードの間の大きさになります。

【メリット】

ロングボードのような浮力が適度にあり、ショートボードのような操作性に優れているところです。

 

デメリットは特にないので、初心者の人には向いていると思います。

 

 

 

 

ちなみに私は、ショートボードから始めましたが、なかなか上達しなくて途中で挫折をしたりもしました。

ですが、どうしても波に乗りたい気持ちがあったので、父のロングボードを借りてすぐに波に乗る楽しさを知ることができました。

 

本当に感動しました。

その時の詳しい様子は前々回のブログに記載しているので、是非見てください。

サーファー星がお勧めする、サーフィンの魅力

 

私は、技を決めていくというよりも波に乗る楽しさを味わいたかったので、

浮力があり安定感があるものが良いと思い、相談したところ『ファンボードがいいんじゃないか』というアドバイスを貰ったので、ファンボードに決めた結果、筋力があまりなかったのですが、

 

 

①ファンボードの安定感のおかげでパドルをスムーズにすることが可能

②テイクオフも楽に素早くできた

 

 

 

波の小さな日は、ゆったり楽しめました。

 

 

 

一応私は、ショート、ロング、ファンボードと経験したので、自分に一番どれが合うのか、どういう波乗りのスタイルでやっていきたいのかを知ることが出来ました。

 

自分に合うボードがなかなか見つからないという人は、一度全種類のボードを経験してみるのもひとつの手です。

 

 

あとは、自分の波乗りのスタイルを決めるというのも大事です。

ゆったりとサーフィンを楽しみたいという人には、ロングボードがおすすめ

技をがっつり決めて楽しみたいという人には、ショートボードがおすすめです。

 

ですが、その日の波のサイズによって、サーフボードの種類を変えてみるのも、慣れるまでが大変ですが、有りだと思います。

 

また、どのサーフボードにも良い点・悪い点があるので、自分でしっかり見極めましょう!

 

 

 

 

サーフボードの各名称

サーフィンをするにあたって、ボードの各名称を知っておくのは大事になってくるので、簡単に説明していきます。

 

 

デッキ(表側)

サーフボードの表面のことをいい、この部分に乗ってパドリングをしたり、テイクオフをします。

 

ボトム(裏側)

デッキとは反対の裏面のことをいい、舵を取るためのフィンがついていたり、ボトムの形状は種類が色々あります。

 

ノーズ

サーフボードの先端部分のことをいいます。

先端部分が広ければ、安定性が増しますし、狭ければ、操作性が生まれます。

 

ノーズロッカー

ノーズの反り具合のことをいいます。

この反りが強ければ、ターンがしやすくなります。逆に弱ければ、水面に刺さってしまうのでスピードが落ちます。

 

テール

サーフボードの末端部分のことをいいます。

テールはターンを決める際に軸となるので、非常に重要になってくる場所で、ここの形状にも種類がありますので、波のサイズによって使いこなすのが大事です。

 

テールロッカー

テールの反り具合のことをいいます。

 

フィン

テール付近についていて、サーフボードの舵取りの役目をしてくれます。

つける本数を変えるだけで乗り味が変わったり、形状、大きさ、デザインなどがたくさんあるので、自分のスタイルによって自分好みのものを選べます。

また、着脱式のものや、サーフボードに固定されているのもあります。

 

厚さ

サーフボードの厚みは、浮力に大きく関係するので、すごく重要な場所です。

厚みがあれば、浮力が上がり安定感が増し、テイクオフがスムーズに出来るので、初心者向けです。

厚みがなければ、動かしやすくなるので、細かい動きが可能になります。

ですが、自分の体重に合わせて厚みを選ばないと、海で大変な思いをしますので、よく選びましょう。

 

レール

ボードの両サイドにある、丸みの事をいいます。

ボードの浮力や、ターンをした時などのコントロールに関わってくる場所です。

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

サーファーはこういうところで情報を収集したりすることで、ローカルの知り合いも増えてくるので、

みんなで楽しくサーフィンすることができます。

 

 

 

やはり、サーフィンを楽しむことが一番大事なので、そこは忘れないようにしましょう!

Sponsored Links