このページでは親指のテーピングについて説明します。

手の親指をスムーズに動かしたい

卓球や、ラケット等のグリップを握る動作を良くおこなう方、

加齢により指が変形してしまった方に有効なテーピングです。

使用テープ数

2本
テープの長さ 15cm
姿勢  

1本目:手首を尺屈した状態→母指を握ったグーの状態へ。

2本目:手をパーに変える。

テープの貼り始めの位置  

1本目:母指第一関節背側。

2本目:母指基節骨外側スタート→下へ回転。

張る際の注意点  

1本目:母指から長母指伸筋上に。貼る時は手首を下に下げる。

2本目:親指のCM関節付近のテープが浮きやすいので抑える様に。

下をくぐって「3センチ」テンションをかけながら背側にもってくる。

テープの貼り終わり位置

1本目:スナッフボックス上。

2本目:手首背側。二本目テープが真ん中より。

手の親指を固定したい

スポーツをしている最中に突き指をしてしまった!

40~50代で家事をしていると親指が痛くなる方にオススメです。

使用テープ数

2本
テープの長さ 15cm
姿勢 手をパーに変える。
テープの貼り始めの位置  

1本目:母指背側ぐるっと→背側へ

2本目:母指背側ぐるっと→掌側へ

張る際の注意点  

1本目:やや手前に角度を付けて、CM関節上を通り、母指球上。

2本目:やや手前に角度を付けて、CM関節上を通り、一本目とクロスし長母指伸筋上へ。

テープの貼り終わり位置

1本目:手首掌側内側側へ。

2本目:スナッフボックス背側~内側へ