キド2
休日になるとボーネルランドKIDKIDへ行っています。kidkid
大型商業施設に入っているため、お父さんお母さんが買い物しつつ子供が楽しく遊べる空間なので大変助かる場所です。神奈川には5施設あり、私たちはMark Is・テラスモール・グランツリー・川崎ルフロンの4つを制覇しています。
アソボ~ノ!2

GWは東京ドームシティにあるアソボ~ノ!へ行って参りました。アソボ~ノ!
KIDKIDよりも店内が広く、おもちゃも沢山あり子供には楽園かもしれません。

今回は二回目ですが、トランポリン・無限に広がるオママゴトセット・どこまで続くの列車遊びが1日中遊べる感じです。スタッフによる親子体操も絆を深めれる良い機会ですね。

子供同士、おもちゃの奪い合いが始まりますが、そこも温かく見守ってあげましょう。

 

外には東京ドーム噴水場もあり、夏もお薦め。

食事もムーミンカフェがあったりと、困りませんね。料理もブランド名だけではなく、本格的で驚きました。サン◯オとは大違い!

 

子供が遊べる屋内施設を選ぶ理由

 

①天候に左右されない
②年齢別に遊べる遊具がある
③買い物と一緒に立ち寄れる
④子供の体力を消費できる

 

 

天気が悪く、お外で遊べない時にはうってつけですね。雨の日でもここに来ると子供が喜びます。
0才~1才の『ハイハイ・ずりばい状態』でも遊べるというのが嬉しいですね。生後半年から通ってます。子供が主役ですが、店員さんたちの目配り・気配りが統一されていることが安心できます。
赤ちゃん本舗・ベビザラス・トイザらス、自分たちの買い物と一緒に遊びにいける便利さ。
子供が夜泣きしていしまい、中々寝付けない日に大活躍。子供も遊べない又はずっと家にいるとイライラし欲求不満になるみたいですが、何より体力が無尽蔵なので・・・遊ばないとまぁ寝ません。夜中におもちゃをいじり倒し、寝るのも遅くなり結果夜ふかし型になってしまいます。お昼から遊ばせるとぐっすり寝ます。

 

 

お父さんの鏡みたいな人がいます

 

イクメン、イクボスという言葉にぴったりな人達に出会えます。子煩悩と言うのでしょうか、遊び方がとにかく上手いんです。子供と一緒におもちゃの遊び方・使い方の説明がとても解りやすく、かつ面白いので関心します。
子供の目を見て遊んでいますか?スマホばかりいじっていませんか?声をかけていますか?他の子供にも目が行き届いていますか?
私はまだまだ育児に足りない所が多々ありますが、お父さんの鏡みたいな方々は少し年配(見た目)でこれらがしっかりできています。経験も関係すると思いますが、見習う所が多く非常に勉強になります。

 

 

子供の成長と共に、おもちゃの操作感覚、ヨチヨチから段々とダッシュ&ジャンプが目に見えて変わるのが解る素晴らしい場所だと思います。