shutterstock_good-job

和ごころ整骨院で勤務して早くも一年になりました。

私自身も整骨院で働くのも三店舗目。色々勉強させて頂いています。

 

 

和ごころ整骨院の印象

最初の印象は、患者さんでスポーツ・部活をやられている学生さん多い印象でした。勤務していく内にその理由が分かってきました。私は基本のテーピングはしますが、院長のテーピ―ングは多彩で、関心することが多く、チラチラ覗いては勉強させて頂いてます。

多彩な形のテーピング処置して、処置後に投げさせたり歩かせたり痛みの確認をしっかりし、信頼を得ている事だと解りました。

ラグビー、ソフトボールにトレーナーに参加し、バレーダンスには、テーピングの講師もしていて、それはそれは多彩なわけです。

 

あとよその整骨院にありがちな、回転を上げ患者さんを回せ回せな流れ作業な整骨院とは違って、混んでいても対応が丁寧です。それほど患者さん第一に行動しています。私が他の整骨院での不満での一つでした。ですので今は集中して患者さんに治療をしています。

内装にも驚きました。1階は落ち着いた治療スペースなんですが、少し階段を上がると治療部屋が二つあるのですが、この二部屋がさらにさらに落ち着いた部屋で。前の職場はガチガチの整骨院だったのでどうかな?って思っていたのですが、患者さんがこの部屋好きと言われた際に、こうゆう落ち着いた部屋もあると良いんだなと思いました。

外に混雑を表示するランプも斬新でしたし、自分の院ですからこだわりがあって感心することだらけでした。

 

 

治療家として

私が治療に入る時、院長からアドバイスを頂いて患者さんを治療しハマった時は嬉しいですね。

私もそうですが、みんな患者さんを治す思いが強いです。

症状によっては、体幹運動、ストレッチポール、ヨガ。良いと思う事はなんでも取り入れてやってます。

院長の長年経験を積んだ目は確かだと思います。四十肩の治療も計画を立て治していきます。ぎっくり腰、寝違いの患者さんも来院時より格段に可動域を上げて帰宅していきます。これから残って行く整骨院は、ただマッサージをやっている整骨院でなくこういった整骨院なんだなと改めて思いました。治療の引き出しも増え、スキルアップしたのでは無いか思います。前の職場の患者さんに、ここの手技をやってればな~なんても思います。

 

 

実際に働いてみて

私自身も色々楽しいです。

改めて患者さんのリピートは、信用されて治す気持ちにさせる会話、雰囲気が大切だと感じました。勿論技術、知識あっての話ですが。

色々院長からアドバイスを頂き、おかげさまで自分が担当している患者さんも増えました。患者さんの「痛くない」「曲がる」「挙がる」などのお言葉を聞くとやはり嬉しいです。

今の整骨院でもやもやしてる先生。後に自分の店を持ちたい先生。スキルを上げたい先生いましたらオススメな場所です。逆に志が低いと駄目かもしれません。

私もこの仕事をしている以上日々勉強。これからも色々吸収して患者さんに提供していきますので宜しくお願いします。