こんにちは!高下です。
今回は更年期障害について取り上げていきます。

悩む女性

◎更年期とは?

更年期とは閉経の前後約5年間のことをいいます。
日本人の平均の閉経年齢は50歳なので、45~55歳あたりが更年期にあたります。
閉経が近づくと卵巣の機能が低下し、一部の女性ホルモンの分泌が急激に減少します。
その現象に伴って身体に出るさまざまな症状を総称して、更年期症状と呼びます。
※閉経年齢には個人差がありますので40歳前半で起こる方もいます。

◎更年期障害の原因

エストロゲン分泌量の低下
女性ホルモンの一部である“エストロゲン”の分泌量の低下により
エストロゲンによって調節されていた身体の様々な機能が上手くいかなくなります。
また、脳がエストロゲンの分泌を増やすよう卵巣に刺激を与えるときに
周囲に不要な刺激を与えてしまい、その影響で自律神経にも乱れが生じます
このエストロゲンの影響により、閉経が起こります。

◎更年期障害の症状

更年期障害
①全身的
疲労感、動悸、ほてり、のぼせ、多汗、めまい、むくみ、冷え、脈が速くなる等
(ほてりやのぼせはホットフラッシュともいい、閉経女性の40~80%に認められるそうです)
②運動器系
肩こり、腰痛、手足の痺れ
③精神的
イライラ、不安、うつ、意欲低下、睡眠障害、神経質
④消化器系
吐き気、嘔吐、食欲不振
⑤生殖器系
不正出血、生理不順
上記のように更年期障害といっても様々な症状があり、全ての症状が出るわけではなく個人差があります。

◎検査

・詳しい問診(月経の状態、現病歴、ストレスの有無など)
・血液検査(血液中のホルモン検査)
・内診(膣の状態や婦人科疾患の有無のチェックなど)
更年期障害は甲状腺などの内科疾患、耳鼻科疾患、うつ病などの精神疾患と
類似した症状がでることがある為、複数の診療科の受診が必要になることがあります。

◎治療

・生活習慣、生活環境の改善
更年期障害は精神状態(ストレスなど)や周りの環境などが影響してくるため
ご自身の負担を減らせるようまずは生活を見直すことが大切です
・ホルモン療法
ホットフラッシュや多汗などの自律神経失調症状が中心の方にはエストロゲンによるホルモン療法や
自律神経調整薬などの治療があります
・その他
その他にも症状によって、薬物療法や精神療法などを行います

◎更年期障害は男性でも発症する?!

更年期障害と聞くと女性の疾患というイメージを持つ方も多いかと思います。
確かに女性の方が多く発症します。
しかし、男性の更年期障害もあるのです。
男性の更年期障害は「LOH症候群」とも呼ばれており、男性ホルモンであるテストステロンが影響してきます。
テストステロンが減少していると筋肉痛、うつややる気の減退、心筋梗塞などのリスク向上などが症状にあらわれます。
治療には食生活の改善や、適度な運動などがあげられます。
ビタミンやミネラルなどバランスのとれた食事の他、亜鉛はホルモンのバランスを整える働きがあるのでおススメです。

◎更年期障害を乗り切るには

更年期障害の疑いがある場合には早めに病院へ受診しましょう。
生活環境、食生活の改善も必要ですが、1人で抱え込まないことも大切です。
悩み過ぎてしまったり、受診が遅くなると症状を悪化させてしまう恐れがあります。
ストレスの溜め過ぎも原因になりますので、周りの人やお医者さんに相談してみて下さい。


スポンサーリンク