rp_kyoto-eki3-640x427.jpg

京都駅の始まりと現在の近代的な駅舎

修学旅行の学生で賑う京都。必ず訪れるのが京都駅ですよね。京都駅のターミナルの多さにはびっくり!新幹線も見ることができ、在来線も発着種類が日本一多い駅なので、電車好きの方にはたまりません。

京都駅は、明治10年2月に建設されました。駅舎の完成祝賀会には明治天皇が参加されたそうです。当時は『七条ステンショ』と言われ親しまれた。

利用者が増えたため、大正3年8月二階建ての2代目駅舎を建設。新幹線や地下鉄の開業で一部手直しされましたが、21世紀に向けて古さも目立ち、駅舎の建て替えを望む声が上がっていた。
平成9年6月に新しく生まれ変わった京都駅ビルが完成。現在の画期的な京都駅は、古い物と新しい物が混在する京都らしい近代的でモダンな建物となっている。

京都駅の駅ビルはグルメ三昧。和食から洋食、カフェ等もあり、京都の八つ橋をおいしいお茶を頂きながらご堪能できます。京都駅に着いてから外に出なくても、駅ビルだけで1日過ごせてしまうくらいお買い物や食を楽しめますよ!

kyoto-eki5

 

 

福井県で有名な『東尋坊』

国指定、天然記念物である東尋坊。断崖に日本海の荒波が打ち寄せる景色で有名なスポットです。約一キロに渡って断崖が続き、地質学的にも大変貴重な場所。夏のまばゆい光を浴び、青い空と青い日本海を崖ギリギリで見てきました。美しいと思う反面ちょっぴり恐怖が…..

秋には日本海に沈みゆく夕景が素晴らしい。東尋坊横丁では、お土産は勿論、地元で取れた越前ガニ海鮮丼が有名です。

海の幸はどれも新鮮で、ほど良く効いた酢飯の海鮮丼は最高です!お休みの日にはちょっと贅沢の海鮮丼はいかが?
東尋坊

 

 

日本曹洞宗の中心寺院『永平寺』

日本史の教科書で必ず載っている道元禅師によって開かれた禅寺です。山の中心部に位置する永平寺に行く為には、山を昇ったり下ったり。事故には気をつけてくださいね。運転技術がかなり必要になります。

寺内は大きな杉の木に囲まれていて、とても静かな所。木に生えている緑の苔等も美しく見え、歴史を感じます。中に入ると、永平寺の大きさにびっくりです。

修行僧から永平寺の歴史・参拝の心得を説明して頂き、参拝順路に沿って見物していきます。修行僧は、鐘の音や木を叩く音で行動をする為、音が出そうな物には触れないようにしましょう。

座禅をしている映像を見てきました。ほんの少しでもピクリと動いたら叩かれます。少しの心の歪みがあれば身体は反応してしまうそう。座禅やってみてください。身も心も整いますよ。

少しの気持ちの乱れも許さない厳しい世界を目の当たりにしました。道元禅師によって定められた厳しい作法に従って、修行をしています。2泊3日くらいで修行体験が行えるみたいです。興味のある方は行かれてはいかがでしょうか。
永平寺

 

 

 

京都東山区にある京都の代表的な繁華街『祇園』

京都は祇園に行って参りました。妹が舞妓さんのファンなので、初の祇園です。日本人より中国人が多い!これにはびっくりしましたね。細い路地など歩くと、茶屋、料亭、バーなどがあり、静かで古風な雰囲気を堪能できます。

格子戸の続く家並・路地に聞こえる三味線の音に祇園の風情が感じられました。修学旅行生で賑う清水寺太秦映画村などオススメ。

車ではなく電車の方が良いです!道は混み、駐車場もないし、あっても料金が高い。見つけたと思えば満車といった所です。

京都駅からのバスも混雑が予想されるので、徒歩で観光するのも良いですよ。沢山のお店がありますから楽しい。(かなり暑いですが…)

祇園

 

 

滋賀県へ

毎年お世話になっている、滋賀県栗東市。競馬をやられている方はご存知かと思いますが、日本中央競馬会の施設である、栗東トレーニングセンターがあります。地元の人は『トレセン』と呼ぶ。

最大約2000頭の馬を収容可能であり、競馬馬専用プール・1085mの坂路調教競馬場といった様々な調教施設を有している。

馬

 

 

一時期話題となった大野神社。嵐ファンで参拝者急増

嵐ファンに人気で一躍名を挙げた『大野神社』がトレセンの近くにあります。メンバー『大野智』の大野が一緒な為に、嵐ファンがお参りにやってくるのだそうです。僕も行って参りました。神社なのに嵐グッズが沢山売られていてびっくりです。

絵馬には、『嵐のコンサートが当たるように』が多く、完全に嵐に染められた神社でしたよ。嵐のメンバーはまだ訪れていないみたいですが、住職にお話を伺ったところ、栗東市長がジャニーズにお願いをしているそうです。

いつか栗東に嵐のメンバーが来てくれるかもしれませんね!栗東は、若い世代が非常に少ないので、大野神社で若者が増えると栗東が盛り上がります。嵐の皆さん是非栗東に!

大野

 

 

長距離運転は適度に休憩を取りましょう

行きも帰りも夜中に出発したので道は混みませんでしたが、日中の東名高速は凄く混雑をしてます。必ず交通事故がありますね。

長距離運転は身体に負担がかかり、運転中睡魔が襲ってくることもしばしば。同じ姿勢で車の振動を受けると人間の身体はリラックスモードに入り、脳が強制的にシャットダウンしてしまいます。東名等の事故は居眠り運転が多いようなので、実家への帰省や旅行の長距離運転では、小まめに休憩を取りながら帰りましょう。