gannpu

ユニオンセンターのあたた治療院様からのご紹介で来院されましたAさん。
私と同い年のAさんは、先天性小児麻痺による左足痙縮により下垂している状態です。装具などはつけておらず、歩行時に少し傾く程度ですが、左足をかばっているせいで右下肢の突っ張り・筋緊張が常にある状態です。今回は立ち仕事が長時間続き、普段あまり感じない左足まで鈍痛が残っているとのことです。

 

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)とは?

小児麻痺の症状は、わずかにぎこちなさを感じる程度の軽いものから、けいれんによって子供の手や脚がねじれてギプス、松葉づえ、車いすが必要になるほど重いものまで、かなり幅があります。
痙性型、舞踏病アテトーシス型、運動失調型、混合型の4タイプがあります。

痙性型は脳性小児麻痺の約70%

筋肉が硬くなって衰弱・萎縮します。両腕と両脚に及ぶ場合(四肢麻痺)、脚に及ぶ場合(対麻痺)、片側の腕あるいは脚だけに及ぶ場合(片麻痺)があります。硬直が及んだ腕や脚は正常に発達せず、硬くて筋力がありません。

 

 治療&リハビリ内容

Aさんは、症状としては痙性型・左下肢の衰弱・筋硬直ややあるものの他動で動かすことが可能です。杖もいらず、ご自身で身の回りができるので、少しハードなリハビリをすることに合意しました。
1日目
左下肢をかばっての右下肢の筋緊張を取り除くマッサージ中心
右足で全てをかばっているため、筋緊張が驚くほどあります。
2日目
右下肢マッサージとストレッチを軽く加えてみる
ストレッチもなかなか伸びず、時間をかけて伸ばすことに。
3日目
大腿四頭筋、腓腹筋部の電気治療をハイボルテージに変えてみる
4日目
右下肢がスムーズに動く様になったので、左下肢のリハビリ開始
you tubeで麻痺患者のリハビリを調べましたが、理学療法士の方は結構な強さでガンガン伸ばすのがポイントだと知りました。ちなみに子供の場合はトランポリン療法が有効です。
左足首の硬さは、背屈制限があるほど下垂したままです。これをとことん伸ばすことに。
5日目
下肢全体のストレッチ、開脚をつけ加える
ほとんど開脚が開かないので、これもとことん開くことに
現在
最初硬かった下肢、足首が段々と可動域を広がりを見せていますが、まだ踵が床に着きません。
youtubeの動画で、ヨーロッパの患者さんは6か月で見違えるほど歩行がスムーズになってきたとあったので目標にしています。
Aさんは明るくリハビリにも協力的で、自宅でのストレッチを頑張っています。
同い年はリハビリ中の会話も楽しく、症状について自分が学ぶことが多いです。来年には見違える程の回復を目指し、お互いがストレッチを切磋琢磨しております。