こんにちは、5月より和ごころ整骨院の一員となった『サーファー星』です。

今回から『サーフィンの魅力・楽しさ』を皆さんにお薦めすべく、実体験と共に説明します。

まず始めに、私がサーフィンを始めたきっかけについて詳しくお話します。

 

 

私の歴史

私がサーフィンを始めたのは、中学3年生の頃です。

それまではソフトボール部に所属していましたが、度重なる怪我が原因で辞めてしまい、その後は他の部活に入ることもなく、怪我の治療をしながら学校へ行くという日々を送っていました。

しかしある日突然、私のお父さんがサーファーの友人からの薦めで始めることになり、「サーフィン始めるけど、お前もやるか?」という誘いに「面白そうだし、やってみようかな」と、軽い気持ちでサーフィンを始めることになりました。




サーフィンとは?

ウォータースポーツのうちのひとつで、「サーフボードと呼ばれる板を使って、波に乗るスポーツ」です。

すごくざっくりとした説明ですが、簡単に言うとこんな感じですね。

 

サーフィンは一般的に娯楽としての認識や、チャラいというイメージがありますが、

 

 

 

そんなことはありませんよ!!!

 

 

若い子から、年が上の方々まで年齢関係なく楽しめるスポーツですし、実はプロサーファーとして国内外問わず活躍している方達もたくさんいるんです。

 

 

 

サーフィンについて

軽い気持ちで始めたサーフィン、、これがまたものすごく難しい!!

サーフボードに乗るだけでも本当に一苦労でした。

海の上で上手くバランスを取るのがこんなにも難しいのか、という驚きと乗れない悔しさでいっぱいになりました。

相手は自然なので、毎日毎回同じ波は来ませんし、天気によって左右されるスポーツでもあるので、簡単に乗れるだろうと甘い考えをもっていた自分が恥ずかしいです、、。

そして、ようやくバランスを保って乗ることが出来ましたが、次にぶち当たった壁が、、

 

 

 

上手く前に進まない!!です。

 

 

 

ただがむしゃらに手で水をかいてもなかなか進まないし、向かってくる波によって浜辺へ押し戻されるし、本当に本当に苦労しました。

サーフィンにおいて、この前に進んでいく動作のことを『パドリング』または『パドル』といいます。

ボードと水面が平行になる時に、ボードの先が水面より少し出ているのがスムーズに進むためには重要な状態なんです。

しっかりと胸を張り(腰を反らせ)ゆっくりと水を掻いていき、スピードを徐々に出していきます。そうすることで、うまくスピードに乗ることが出来ます。

 

しかし、ボードに乗る重心の位置が後ろすぎると、その分ボードの先が水面から出てしまい抵抗が生まれ、進まなくなってしまうんです。

普段中々するような姿勢ではないので、次の日に今まで感じたことのない、そんなところ筋肉痛になる?というところが筋肉痛になります、、。

 

私は定期的に海へ行くことが出来なかったので、この筋肉痛には毎回苦しめられ、寝返りを打つのもやっと、という状態の時もありました。

でもこのパドリングという動作はサーフィンをするにあたって基礎中の基礎になるので、慣れてしまえば、何時間でも海の上を自由に動き回れるようになりますし、その分筋肉もついて、水のひとかきひとかきを強くすることが出来ます。

 

 

波があまりない日は海の上をただひたすら動き回ったりするだけでもパドリングの練習になるので、とても楽しくてお薦めですよ!!

そしてこのパドリング動作がスムーズに出来るようになったら、いよいよ波に乗ります。

 

 

波に乗ると言っても、皆さんが思っているような大きい波をかっこよくスイスイ乗っていく、というのは最初からできるわけではないですし、波に対する恐怖心もあると思うので、初心者向けの小さくて勢いの少ない波から少しずつ練習です。

初心者の私は、最初からいい波を見極める能力は兼ね備えていないので、ひたすら来た波に挑戦し続けました。

なかなか乗れずに波に巻かれてしまったり、と色々苦節はありましたが、数をこなすことで、どういう波が良くて悪いのかが少しずつですが分かってくるようになりました。

そして、ようやく波に乗れる瞬間が訪れました!

 

 

 

 

これがサーフィンの魅力

初めて波に乗れた感想、、まるで魔法のじゅうたんに乗っているみたい!!

この表現をして、あまりピンと来ていない人がたくさんいると思います。

もちろん、魔法のじゅうたんに乗ったことは今まで生きてきてありませんし、これからも乗ることはないと思うのですが、、そのぐらい言葉にうまく説明するのが難しいぐらい不思議な感覚だったのを今でも覚えています。

私はこの時の体験がきっかけとなり、軽い気持ちで始めたはずのサーフィンに本格的にハマり始めました。

初めの頃よりも気持ちに余裕が出始めて、普段見ることのない「海からの景色」に感動したのを今でも鮮明に覚えています。私がとても好きな景色のひとつです。

この非日常的な体験を味わえるのがサーフィンの魅力だと私は思います。

 

 

 

 

8年間も続けている理由

私が現在でもサーフィンを続けている理由はいくつかありますが、

ズバリこれ!というのは、ストレス解消ができる!!!からです。

サーフィンを始める前から海は大好きでよく遊びにも行っていたので、昔は、ストレスを解消するというよりも癒しを求めに行くことが多かったです。ですが、サーフィンを始めてみると、

 

①波に乗れた時の爽快感

②波を待つためにサーフボードで海の上をぷかぷか浮いている(この状態を『波待ち』といいます)

 

 

これだけでもすごく気持ちいいですし、海にいる間は波のことしか考えなくなるので、普段から感じている嫌なことや余計な悩みなどを、一切考えることがなくなるので、すごく頭がスッキリします。

 

 

③サーフィン後に食べるご飯がとっても美味しい!!

サーフィンに限らず、スポーツをした後に食べるご飯って美味しいですよね。

私は海に近いスーパー銭湯に必ず寄るので、疲れた体を湯船にゆっくり浸かって休ませて、夕日を眺めながらご飯を食べたり、少し仮眠をとって帰るのがいつもの流れで、これがとても最高です。

 

 

ちなみに自己紹介の記事でも載せましたが、私は主に茨城県の大洗というポイントでメインに入っています。

大洗には海の近くに「潮騒の湯」というスーパー銭湯があり、そこはご飯も美味しく、広々とした空間なので、とてもゆっくりできますよ。

サーフィンやってみませんか?

日頃の仕事の疲れがある方や、悩みがある方、何かいい趣味がないかなという方、是非サーフィンに挑戦してみてください。

実は芸能人でもこんなにたくさんの方がやってるんですよ~

xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com

意外なあの人も、湘南や千葉などで乗ってます!

もしかしたら、海へ行けば会えるかもしれませんね。

芸能人の方々も、ハマっているサーフィン!

ニュースなどで知った方もいるかもしれませんが、2020年・東京オリンピックの追加種目に決定しました!!

少しずつ注目を集めはじめてきたサーフィンですが、このオリンピックをきっかけにたくさんの方が興味をもって、海へ足を運んでくれれば良いなと思います。

 

 

難しそうだし、どうすればいいかわからないという方は、ご来院の際に私に声をかけてください。

初心者向けのスクールをやっているサーフショップもたくさんありますし、サーフボードなどの道具を持っていない!という方でも、貸し出しをしてくれるところもあるので、是非一度ご相談下さい!!

 

 

私は、将来的にプロのサーファーの方々やサーフィンを趣味としてやっている方々などをメインで治療していきたいと思っているので、皆さんのご来院をお待ちしています!

Sponsored Links