panfu

今年も元気・謙虚・発奮・興奮をモットー小泉が、患者様に貢献していきたいと思いますので、これからも和ごころを宜しくお願い申し上げます。

1月7日に初出勤をしました中で、色々な患者様が見えました。

 

㈠、年賀状を書き続け立ち上がった際に股関節を痛めたり

㈡、バレエをしていて腕を痛めたり

㈢、年末年始の大掃除、正月のおせち料理準備、初詣、挨拶回り等での全身疲労

 

 

和ごころ感謝フェス3900円全身をやられた方もいました。今月末までですので、疲労困憊の方におススメします。

 

 

 

1月によく症状で出てくる『ふくらはぎのこむらがえり/脚がつる』

 

なぜ脚がつるのか?理由が様々です。

 

①筋肉疲労

スポーツや元旦・初詣など極寒の中歩きすぎたなど、筋肉の極度な緊張で脚がつる事があります。筋肉を使いすぎた後は、入念なストレッチをしましょう。

②血行不良によるミネラルバランス崩れ

カルシュウムやナトリュウムが減少すると、筋肉を動かす運動神経に異常がが起きて筋肉が過緊張を起こしてつる事があります。ミネラルは汗に含まれている為大量に汗をかいたり、下痢や嘔吐した際にバランスが崩れ易くなります。

ミネラルを補うにはスポーツドリンクを飲むと良いでしょう。

 

因みにミネラルには、

❶ナトリュウム  塩などに含まれていて体内の水分量を調節します。

❷カルシュウム  牛乳などに含まれていて、骨や歯などを作ります。

❸カリュウム  果物などに含まれていて、」むくみ解消効果があります。

❹マグネシュウム  海藻などに含まれていて、骨を丈夫にします。

 

これらのミネラルはお互いに影響を与え合っていて、不足するとバランスが崩れ筋肉へ伝達する神経が過剰になり筋肉の過緊張が起こり、つる事があるようです。

不足する原因として大量の汗をかくとナトリュウムが減少し。下痢や嘔吐で水分が失われナトリュウム・カリュウムなどが減少。利尿剤など薬の副作用でカリュウムが減少。妊娠中の方でも胎児の骨を作るのにカルシュウムが使われるため、カルシュウム不足になります。

 

 

ふくらはぎをつるの防止にはやはり!

①こまめな水分補給と適度な運動 寝る前に常温の水がスポーツドリンクを飲むか

②入浴後、就寝前にストレッチ 体を温め筋肉を柔軟にして、血行を良くします。

 

血行を良くする栄養素

ビタミンE ナッツ、いわし、かぼちゃ、ほうれんそう、たらこ

ビタミンB群  豚肉、いわし、マグロ、卵

鉄 レバー、海藻など

 

 

みんな体に良いものなので試してみてはいかがですか?

 

それでもふくらはぎの不調あるようでしたらお越しください。

 

 

プレオープン!

私、小泉は土曜日・日曜日、金沢区役所隣ユニオンセンター2階、【界 整骨院】で勤務しております。

14・15日はプレオープンで12時から17時まで

500円で体験施術

21日から、午前10時から1時、午後15時から19時で勤務しております

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。