アヒル
皆さん、そもそも『鵞足(がそく)』とはご存知でしょうか?とはアヒルの足のことを指します。人体にはまるでアヒルの足の形をした可愛い靭帯集合場所があります。

①半腱様筋腱
②薄筋腱
③縫工筋腱

この3つの腱の総称を『鵞足』と言います。

①練習・試合中連続ダッシュするとピリッとする
②お皿の内側~下が痛くてジーン・ズキズキとする
③膝を伸ばしたり、立ち上がる時に気になってしょうがない

このような症状がある方はいらっしゃいますか?
膝がズキズキ痛むと辛くて苦しいですよね。歩くのも嫌になってしまいます…..

鵞足炎とはどういうものなのか?原因は?

『鵞足炎』とは、冒頭にも書きました、半腱様筋腱・薄筋腱・縫工筋腱の3つの腱に炎症が起きることを言います。この3つの腱に反復して負荷を与えるとストレスが溜まる→太もも内側の筋肉が硬くなる。 そうすると、痛みが出てきます。 がそく2 ①走り込み・ジャンプ・ターンの切り返し動作(軸足)が反復的かつ追い込み練習
②久しぶりの運動
③X脚(内股)
④日々のストレス(疲れ)が溜まって筋肉が硬直してしまう

鵞足炎の症状は?

①膝の内側から膝下にかけて痛む
②膝を曲げ伸ばしした時に痛む
③疼痛(ズキズキとした痛み)・圧痛(押したたりした時の痛み)

特に、階段の昇り降りに支障をきたすことが多いです。鵞足炎は、膝の筋肉からのSOSサインなんです!鵞足炎についてのさらに詳しい情報はこちらをご覧ください →ストレッチ&コンディショニングめんてな

ランナーに多い鵞足炎→ランニングフォームを改善してみよう!

鵞足炎はランナーに多いと言われています。 起こりやすい走り方・姿勢は

①足首が硬い
②膝とつま先が外を向いている
③走行時膝が内側に入っている

この3つのフォームでランニングをしている方はフォームを変えてみましょう! 自分にあった正しい姿勢で、ランニングを行ってみて下さい。 行っているスポーツ競技の練習で、負荷がかなりかかるものはメニューを変えてみることも大切です。 自分の身体の為に練習方法の見直し、オーバートレーニングをしないことを心掛けてみてください。 疲れ・身体への負荷だけが原因ではない鵞足炎。筋肉の硬さ・姿勢も関係してきます。 筋肉の硬さは、マッサージやストレッチで改善できますよ!

鵞足炎の改善方法!

①普段の姿勢(屈伸した際に、膝とつま先が外に向いてしまっている)
②筋肉の硬さ→身体の状態

 つま先と膝の向きを真っ直ぐにする・筋肉を和らげる。つま先と膝を真っ直ぐにすることが凄く大事なので、階段の昇り降り・歩行・ランニング等の際には意識してみて下さい。
鵞足炎になった知り合いからのお話によると、今までの姿勢が癖になってしまい、意識しても外側を向いてしまうので、右足左足を重ねるように(平均台を歩いているように)一直線を心掛けると良いみたいです!モデルさん歩きですね!
鵞足炎になってしまうということは、身体の筋肉が硬いというサインでもあります。 安静にしながらも、自分の身体と良く向き合って筋肉を癒してあげてください。こちらの動画が素晴らしいです。

鵞足炎に効くテーピング方法

①縫工筋沿いに膝の下~内側にかけテンションをかけ、四頭筋で止めます。
②これにより膝を持ち上げる補助になります。
③安定性を出す為に、付着部も横に巻きます。
④やや膝蓋骨に重ねることで、左右の動揺性も補えます。 鵞足炎テーピング2

鵞足炎に効果的なサポーターは金具が入ってるor入っていないどちらが良いの?

膝の痛みを抑制するには、金具が入っている強固なサポーターor金具は入ってないけどしっかりしまりつつも動けるサポーターか悩まれる方が多いです。 痛みの程度によっても違いますが、結論からは

①スポーツしている方、継続している方、一時休んでも再開しなければならない方は金具無し
②けっこう休めて完全に治したい方は金具あり

それぞれメリット・デメリットありますが、金具があると強固で安心だけど動かしずらい。。しかし治る最短の道はがっちり固定をし膝を休めることです。 こちらのミューラー社のサポーターは個人的に好きです。メリットとして

①まずデザインがかっこ良い ②締まりが丁度良く、動きの邪魔にならない ③皮膚に優しい
当院でも実際にお勧めしているサポーターです。店頭には並ばない商品ばかりなので、他の人と被らないのも良いですね。 膝が痛く悩んでいる方はまずはミューラー社の物を参考にしてみて下さい。

Sponsored Link