Gallery花影抄

患者様のご子女様が、銀座にて展示会を定期的に行っています。ガラスを精巧し、まるで生き物のように模る芸術に目が奪われます。私は琉球ガラスなど旅行でしか作ったことが無いですが、どのようにして緻密に美しく作れるのか不思議でしょうがありません。

患者様は坐骨神経痛をお抱えですが、数回の治療で改善していました。が、張り切って銀座に向かわれた次の日に症状が悪化したようですが、無事に展示会を見てこれたそうです。

今では人気作家のため、すべて売り切れになる程です。1作品作るのに、10回以上作り直しが必要な場合があると仰ってました。魂入ってます。硝子がこんなにも綺麗に命を吹き込まれるとは、是非一度見てみたいものです。

season201410_title

http://obidome.jp/