生後半年の可愛い赤ちゃんとご一緒に来院されたIさん夫婦。
私の娘とちょうど半年違いのため、懐かしいのとこれからドンドン大変な時期になるんだろうなと感慨深いのもあります。

 

お母さんは、子供の抱っこによる右腰の痛み。
授乳の姿勢や寝かしつけで段々と辛くなってきますね。
お父さんは、抱っこひもによる首の痛みと腰の痛み。
抱っこひもがあると楽なように思いますが、長時間続けると首に来ますよね。

 

ご予約を頂戴し、夫婦交代で施術することになります。

キッズルームの様な和室がありますので、我が子と一緒に遊んでいてもらいます。(一人プレイになることもしばしば)

娘も赤ちゃんが来るとテンションが上がり、『リロリロ』と言っています!(多分嬉しい時に発する言葉)

i6

現在は和室が改装されました!H28

抱っこ筋という腰の奥深くにある腸腰筋を狙います。

この腸腰筋をほぐすと抱っこがスムーズにでき、腰痛の減少に繋がります。

生後半年ですと、寝返りから→支え座りが可能になり必然的に抱っこの回数が増えてきます。抱っこに対する『慣れ』も大事ですが、この時期から広背筋~僧帽筋まで筋肉の緊張が強まるので親の踏ん張り時です。

 

小さなお子様連れでも安心して親御さんの治療ができる院を心掛けていますので、子育て世帯のパパ&ママを応援しております!

 

2016年から、午後12時~13時の時間帯はお子様連れ優先とさせて頂きます。
分からないことや、疑問に思ったことがあればお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・診療のご予約はこちらをタップしてお電話下さい

Sponsored Link