リオ五輪

22日にリオオリンピックが閉幕しました。天候はあいにくの雨でしたが、選手達はカッパを着て笑顔たっぷりでしたね。治安・水質・選手村等数々の問題がありましたが、無事に閉幕できてよかったと思います。

次の東京五輪では、リオでの反省点を活かして、最高のオリンピックにしましょう!(バスケの放送枠をください……)

次の東京に向けて!バスケットのシーンが全くないのはちょっと残念でしたが完璧な仕上がりでした!

ちなみに、お笑い芸人の【猫ひろし】さんは、カンボジアに国籍を移し、マラソンで初のオリンピック出場を果たしていたんです。お疲れ様でした。にゃーにゃー早かったですよ!

(動画元→NHKリオデジャネイロオリンピックハイライトより



 

史上4人目の連覇達成

体操男子個人総合で金メダルを獲得した【内村航平】選手。「今回は銀かなー」と誰もが思った瞬間、最後の最後での逆転勝ち!着地が素晴らしかったです。金メダルを決めた完璧な着地です。最後の鉄棒まで1位との差があったが、鉄棒での逆転劇のシーン。

「微動だにしないこの着地!」

「わー、何でこんな美しく跳べるのー?人間業とは思えない―」

「うん、この人は体操の神?」

「最後の鉄棒では、途中ぎっくり腰になってたらしいよ」

「それでも最後までできるなんて、さすがアスリートだよね」

 

 

初の銀メダル獲得!芸人【波多陽区(覚えてます?)】に似てると絶賛

波多陽区に似てると話題の水谷選手率いる卓球男子団体が、初の銀メダルを獲得しましたね。水谷選手は個人で12連敗していた相手に勝ち、中国にもう一歩という所でした。中国と激熱の攻防を繰り返し、見事銀メダルを獲得したシーン

何度見ても似てます!髪型といい、ギターを持ったらたまらなくそっくりになるでしょう。

 

 

個人ではメダル獲得ならず….団体で挽回の銅メダル!

福原愛選手・石川佳純選手・伊藤美誠選手でタッグを組んだ卓球女子団体。準決勝のドイツ戦でははっきりとしないモヤモヤした終わり方で敗戦。3位決定戦でシンガポールと対戦。3人でつないでもぎ取った白熱の試合をどうぞ。

最年少15歳の伊藤選手がインタビューで「先輩2人を手ぶらで帰らせる訳にはいかない!」という言葉が現実になりました。おめでとうございます!

 

 

強豪ニュージーランドを破り、日本の存在感を見せつける

今大会から初の導入となった、7人制ラグビー。メダル獲得まではいきませんでしたが、強豪国を倒し、日本のラグビーを世界中に見せつけました。15人制ラグビーといい、まさに日本はラグビーブームですね!ニュージーランドを撃破したシーン。

 

 

お家芸復活に、監督思わず涙

柔道でのメダル獲得数は日本が第一位を獲得。お家芸復活です。全階級でのメダル獲得。前回は金メダルが0個で納得のいく結果ではありませんでした。リオでは最強の柔道家達がやってくれましたね。全ての競技が終わった後の会見で思わず男泣きを見せた【井上康生】監督。言葉には、深い思いが詰まっていたと思います。

 

 

96年ぶりにメダル獲得

男子テニス。準決勝でマレー選手に敗れ、3位決定戦ナダル選手と対戦。2時間越えの熱戦の後、錦織選手は銅メダル獲得。96年ぶりにテニス界への五輪メダルをもたらしました。

「トイレブレイクが長くないか!?」とナダル選手からの抗議がありましたが、ただ単にトイレまでが遠かったからで、わざと遅らせたわけではない!

 

 

金メダルラッシュ!

まさに金メダルラッシュだったのが、女子レスリングですね。伊調選手を筆頭に、登坂選手・土性選手といった若い面々も金メダル獲得。その中で伊調選手は4連覇がかかったオリンピックでしたよね。レスリング界のトップとも言える吉田選手は残念ながら銀メダルで4連覇を逃しました。金メダリスト3人の戦いのシーン

登坂選手・土性選手は東京でも奮闘してくれるでしょう。土性選手は、帰国後の会見で、「東京で2連覇を果たしたい」と語っていました。伊調選手・吉田選手は年齢的にも今年が最後かもしれません。吉田選手も、申し訳ない気持ちで一杯だと話していますが、謝る必要は全くないのです。充分に感動を与えてくれましたよね。

 

 

メダルが獲れなくてもニコニコ笑顔

リオ五輪女子マラソンに出場した、伊藤選手・福士選手・田中選手。メダル獲得とはいきませんでしたが、走り終わった後の福士選手のインタビューを受ける表情と言葉には感動を覚えました。

満面の笑みですよね。自分の力を最大限に発揮し、それでも敵わなかった悔しさが凄く伝わってきました。

 

 

”鬼コーチ”の元悲願のメダル獲得

リオ五輪で、デュエット・チーム共に銅メダルと大健闘を見せた女子シンクロ。14年の日本代表に復帰した鬼コーチ【井村雅代】氏の存在が大きいと言われていますね。「練習では厳しく、成功できた時にはひたすら褒めろ」という言葉通りの指導者です。何故あんなに綺麗な姿勢を保ったまま水の中で演技できるのか?不思議ですよねー。

 

 

あのアメリカを超えたっ!

何と言っても一番の驚きは日本が2位だったこと。男子400mリレーで銀メダル!アメリカを超えました。1位はやはりジャマイカでしたが、日本のアンカーケンブリッチ飛鳥選手がボルトの隣で走っている事にびっくりした表情。ボルト選手は日本が追い上げてきた事をインタビューで褒めていました。2位をつかみ取ったシーン

最後、ボルト選手と握手を交わすシーンは感動しましたよっ!

体操に始まり、数々のメダルを獲得してくれた日本代表選手団。帰国後の会見で、東京も頑張ると発言した選手もいれば、今はゆっくり休んでから考えたいと発言した選手もいます。

まずは、どの選手もゆっくり休んで次へのステップを踏んでほしいです。見所満載だったリオオリンピックも終わり、次は東京で行われれると思うとワクワクします。

東京五輪まで1428日と11時間です。

この4年間しっかり準備して最高のオリンピックを目指しましょう。バスケットも見に行きましょう。バスケットのテレビ放送時間をもっと増やして欲しいーなー。

まずは男子バスケがしっかり東京五輪に出場しなければ、開催国なのに情けない!頑張れ!

 

過去記事~リオオリンピック閉幕

今年で第31回を数えるオリンピック競技大会。いよいよ8月5から開催されます。続々と代表選手も出揃い、日本はいくつのメダルを手にできるのか!?

ブラジル・リオデジャネイロで開催されますが、治安の問題・選手村から異臭がする・デング熱等トラブルが相次いでいますが、滞りなく終わってくれるといいですね。

大会公式サイト

4年に1度のスポーツの祭典ですが、良い成績を残して、東京五輪に繋げられる事を期待しています。

いよいよリオオリンピックが閉幕します。現在閉会式が行われている所です。間違いなく明日の朝のニュースで閉会式の模様が映し出されるでしょう。都知事に就任したばかりの小池百合子氏が閉会式に参加されてます。

リオ市長から【オリンピック旗・パラリンピック旗】が引き継がれます。いよいよ東京です!

リオでは、治安の問題、選手村の問題、プールが緑色になってしまう等のアクシデントもありました。その中でもやってのけた各国のアスリートは凄いと思います!東京では、良い環境で最高の「お・も・て・な・し」ができると良いですね。

日本のメダル獲得数は、第6位

 

金メダル12

銀メダル

銅メダル21

 

合計41個の獲得。

日本では史上最多の獲得数です。バトミントンシングル・ダブルスで初のメダル獲得や、お家芸復活の柔道・シンクロ等の活躍がありました。柔道井上監督は思わず涙。

なんといっても陸上のリレーですよね。なんと銀メダル獲得!これは本当に驚きました。あのアメリカに勝ったんです。

 

1位 ジャマイカ

2位 日本

3位 アメリカ

 

という順です。ジャマイカにはボルト選手がいるので厳しいようでしたが、なんとか食らいつく場面もありました。アメリカにはガトリン選手がいたりと、最速の選手が集まったドリームチームです。アメリカに勝ったのは本当に素晴らしい!

 

東京オリンピック絶対見に行きます!そこで、今大会活躍した若い選手。15歳の選手もいましたね。東京で活躍・期待されている選手は誰なのか?

 

 

東京オリンピックに向けて

リオでは、

①卓球【伊藤美誠】選手

②体操【白井健三】選手

③200m個人メドレー【今井月】選手

④男子200m平泳ぎ【渡辺 一平】選手

⑥女子800mリレー【持田早智】選手

⑦女子400mメドレーリレー【酒井夏海】選手【渡部香生子】選手【池江璃花子】選手 等

 

上記の選手は皆20歳以下。高校生の選手もいます。間違いなく東京五輪で活躍してくれる事でしょう。といっても簡単には出場はできません。国内での代表決定戦で勝たなければならなかったりと、大きな壁があるかとは思いますが、是非頑張ってもらいたいですね。

 

 

東京五輪が初出場になるか!?と思われるスーパー中高生

リオに出場した各競技の若手選手は、これからの中心的存在になっていくと思います。その中に溶け込んでいくと思われる、スーパー中学生・高校生がいるんです!

 

2000年ベイビーの【平野美宇】選手

 

お顔をみれば皆さん「あーー」!となると思います。2007年の全日本卓球選手権大会バンビの部で福原愛選手以来史上2人目の小学校1年生の優勝者なんです。

お笑い芸人とんねるずの番組に出てましたね。とんねるずと東京五輪メダル候補と対戦するという企画でした。

平野

 

バトミントン界のミライモンスター【大堀彩】選手

 

昨年の高校を卒業して、実業団チーム【トナミ運輸】に在籍。バトミントン一家としても有名になってます。小学5年生と中学3年生の時に全国大会で優勝。2013年高2の時にはアジアユースU19オープン選手権で日本人として初めて優勝。

現在は、バドミントン日本代表ナショナルチームB代表に選出されています。お父さん・お母さん・お姉さん家族全員がバトミントン選手。リオに出場はなりませんでしたが、東京で活躍してくれることを願っています。

バトミントン

このほかにも数々の注目される選手が沢山いらっしゃいます。東京では、今の小学生や中学生高校生が活躍する年です。バスケットチームの中学生に「東京五輪の舞台に立ってくれよー!」と話しています。4年後の東京五輪が楽しみでしょうがないですね。

リオに出場された選手はゆっくりと身体を休めて、次へのステップに向かって頑張って下さい。応援しましょう!

 

 

東京はどう生まれ変わっていくの!?

リオ五輪閉会式では、日本らしい「和」の演出やダンス等が披露されました。東京都知事【小池百合子】氏も参戦。美しい着物を纏い、オリンピック期を受け取っていましたね。あの瞬間、次は東京だという感情が高ぶりました。

大雨の中行われた閉会式。マリオ姿で登場したのは、なんと安倍首相!びっくりしましたね。凄く良い演出だったと思います。IOCからはこんなお願いが。「リオの各会場の空席がかなり目立ったので、東京では空席があまりないようにしてほしい」と。サッカーは凄かったですけど、確かに空席が目立っていたと感じますよね。

東京ではそんなことが無いようにしないと!

元々東京には、代々木第一・第二体育館、東京体育館、有明アリーナ等素晴らしい施設がありますが、オリンピックに向けて新たに競技施設が建設される。

詳しくはこちら⇒オリンピックのために東京に建設される新施設を完全ガイド

これからの動向を楽しみにしながら4年後のオリンピックに期待をしましょう!

 

 

男子セブンズ日本代表。初のオリンピックで好成績を残す!

15人制ラグビーでラグビーブームが巻き起こった中、リオ五輪から初の競技【7人制ラグビー】が行われています。男子準々決勝でフランスと対戦。世界ランキング11位のチームに12-7で逆転勝ち!準決勝では金メダルを獲得したフィジーと対戦。

フィジーには敗れ、3位決定戦で世界ランク2位の南アフリカと対戦。さすが世界ランク2位のチーム。14-54で完敗でした。メダル獲得とはいきませんでしたが、初の7人制ラグビーで、日本は大いに奮闘してくれました。

 

皆さんはセブンズってご存知ですか?

ラグビーは通常15人で行うものですが、7人で行うセブンズという競技があります。現在は日本でも多くの大会が開催されるようになり、高校・大学・トップリーグなど各カテゴリーの選手もセブンズに挑戦する場が増えてきました。また、女子ラグビーのセブンズ大会も増えてきており、セブンズが大きく取り上げられることも増えてきています。

2015年までは東京セブンズという世界のトップクラスの選手が集まる世界大会も開かれていて、リオ五輪から7人制ラグビーが男女とも正式種目として採用される事に!

リオ五輪には男女共出場!ますます注目度が高まっているのが7人制ラグビー(セブンズ)です。

セブンズのルールについてはこちら⇒セブンズのルールって?

 

 

リオ五輪メダル獲得数途中経過!

体操・柔道等メダルラッシュ。リオデジャネイロ五輪で日本が獲得したメダル数は11日午前8時(日本時間)現在で、計17個に上り、五輪参加国の中で米国(28個)、中国(20個)に次ぐ3位に浮上。

大会第6日の10日、体操男子個人総合で内村航平選手が金メダルを獲得。柔道男子90キロ級ではベイカー茉秋(ましゅう)=東海大=が金メダル、柔道女子70キロ級でも田知本遥(ALSOK)が金メダルに輝き、1日で金メダル3個を手にした。

 

金メダル「6」

銀メダル「1」

銅メダル「10」

 

となっています。

 

 

卓球・愛ちゃん奮闘!

福原愛

福原選手も、先日韓国人卓球プレイヤーと交際宣言もあり、波にのっています。「シングルス・団体と両方でメダルを取りたい」と意気込みは十分です。持ち前の高速ラリーで世界の強敵に立ち向かう!

小さい頃から皆さんご存知ですよね。27歳は、リオ五輪代表3人の中で最年長。チームの主将も務める。天才少女は、いつの間にかベテランと呼ばれる選手になっていた。

中国世界ランキング1位の李選手には手も足も出ない感じでした。やはり物凄く強いんですね。

愛ちゃんがふくらはぎにピンク色のテーピングを貼っていたの気づきましたか?腓腹筋テープと言って、石川選手の様に試合中足を攣らない様にしていたんですね!

卓球団体では、悲願の銅メダル。勝利が決まった瞬間泣き崩れた愛ちゃん。インタビューでも話していましたけど、今回の五輪は本当に苦しかったのでしょう。個人では北朝鮮に敗れ、団体準決勝ではドイツ敗れ、全ての責任は私にあると語っていました。

「私が全ての足を引っ張ってしまった」とも話していましたね。そんなことないよ!年齢的にも東京五輪の出場はなるかわかりませんが、金メダルを獲る愛ちゃんが観てみたいです。

 

内村航平選手、悲願の団体金メダル

内村

日本体操界の顔ですね。北京・ロンドン2大会に出場。ロンドンで個人総合の金メダルを含む5つのメダルを獲得しています。日本の金メダル獲得数に大きく貢献。

リオでは個人・団体両方での金メダル獲得に挑みます。日本体操協会は、体操男子で金メダル4個を含み計7個のメダル獲得を目標にしているそう。

その目標・夢が見事叶いました!体操団体は悲願の金メダル獲得。序盤はミスが続き絶望的かと思いきや、終盤で挽回。床で最後の務めを果たした内村選手の演技は最高でした。

素人からみても「美しすぎる…..空中で回っている時でも手足がピンッなってる」素晴らしすぎますね。最後のトリとして、大きな舞台であんな落ち着いた演技が出来る精神力にアッパレです。

表彰式で国歌を笑顔で熱唱する姿も印象的でした。

 

個人総合も圧巻の演技

個人総合でも、大逆転の金メダル!個人総合は6種目行われ、5種目まで1位の選手と点差が離れていました。相手は22歳の超若手。体力的にも肉体的にも若さにはどうしても勝てません。

最後の意地と言っても良いでしょう。6種目めの鉄棒では見事な着地。競技中にぎっくり腰になりつつも見事でした。着地の差で勝敗が別れましたね。見事逆転金メダルです!

 

 

テニス【錦織圭】選手、見事銅メダル!

on Day 4 of the London 2012 Olympic Games at Wimbledon on July 31, 2012 in London, England.

テニス2014年全米オープンで、日本人初のグランドスラム決勝の舞台に立った事でも人気があります。(グランドスラムでは準優勝)

日本にとっては、96年ぶりにメダル獲得か!?と期待がされています。錦織選手はオリンピックへの出場に関して「あまり出たくないなー」と。デング熱を理由にしていましたよね。リオでもデング熱が流行しており、かなり危険だと報道され、リオ五輪出場者の頭を悩ませました。詳しくはこちら⇒デング熱・ジカ熱で欠場選手も

実は、オリンピックで最初に日本が獲得したメダルはテニスだったんです。1920年アントワープ大会、【熊谷一弥】選手がシングルス、【熊谷】選手と【柏尾誠一郎】選手がダブルスで銀メダルを獲得。そしてこれがテニス界最後のメダルでもある。錦織選手はリオで96年ぶりの表彰台に挑みます。

錦織選手の必殺技「エア・ケイ」が見られるか!?

エア・ケイが観られましたね。見事96年ぶりにメダル獲得です。ラファエル・ナダル選手に勝ちました。トイレブレイクが長すぎるとかなんやら批判されているみたいですが、そんなの関係ありません。実力で勝ったんです!

おめでとうございます。

 

 

南米初の夏季五輪!日程と競技種目はどのくらいあるの?

今回のリオオリンピックは、南米で初めての夏季五輪となります。夏に開催されるのは31回目。

南半球での開催は…….

 

1956年【メルボルン五輪】

2000年【シドニー五輪】

 

に続いて16年ぶり3回目です。

~日程~

8月5日~21日の17日間。開会式は現地時間8月5日午後6時(日本時間同6日午前6時)の予定。

~競技種目~

全28競技306種目。今回は、7人制ラグビーとゴルフが採用されている。ゴルフは、1904年の第3回セントルイス五輪以来112年ぶりの復活。7人制ラグビーが採用されたのは今年が初めて。

15人制ラグビーとはまた違った迫力・スピード感があり、ファンの期待も高まっている。

 

 

ここを見て欲しい!リオでの注目を浴びるとされる日本選手

リオでの活躍が期待されている選手をご紹介致します。誰しもがご存知の選手ですよ!

 

卓球【石川佳純】選手【福原愛】選手

石川佳純

2012年、ロンドン五輪でシングルス4位。2014年のワールドツアー・グランドファイナルに日本人女子初の優勝を誇る石川選手。メダルの獲得に大きく期待が出来ますよね。

 

フェンシング【太田雄貴】選手

太田選手

2008年北京五輪で銀メダル、12年のロンドン五輪で団体銀メダルを獲得。日本フェンシング界の顔と言っても過言ではありません。東京五輪の招致スピーチでも活躍を見せてくれました。リオでの引退説がある中、最後の集大成として頑張ってくれる事でしょう!

史上最年少の17歳で全日本選手権に優勝した天才剣士は、2008年北京五輪で日本フェンシング界初のメダルとなるフルーレの銀メダルを獲得。4年後のロンドン五輪では個人のメダルこそ逃したものの、今度は団体で初めての銀メダルに輝いた。この後、一時競技から離れた。引退が目の前にあったと話しています。

しかし、2020年東京五輪・パラリンピック招致活動に参加し、それまで会う機会のなかった様々な分野の人と話すうちに、再び剣を握る意欲が湧いてきたそうです。「もっと強くなれる」と。

招致活動が終わると、約1年のブランクを経て競技に復帰。気持ちはリオ五輪に向いた。今回は団体の出場権を逃したことで、個人戦に集中するしかなくなりました。昨年の世界選手権で日本人初の優勝を果たしているので、期待が持てますよっ!

 

バレーボール【木村沙織】選手【古賀紗理那】選手

木村選手

眞鍋監督率いる女子バレーボールにも十分メダルの可能性があります。その中で活躍が期待される、木村選手と古賀選手。古賀選手は木村沙織2世と言われており、今後の日本代表を間違いなく引っ張っていく選手です。

古賀選手

キャプテン「絶対的なエース」の木村選手は、今回の五輪が最後だとコメント。東京五輪も出て欲しかった!と期待を寄せていましたが残念です。今回は集大成になる為、爆発してくれる事間違いなし。

世界の強豪相手に、素晴らしいバレーボールを繰り広げてくれるでしょう!

 

ゴルフ【池田勇太】選手

池田

今回ゴルフは112回ぶりの競技復活を果たしています。元々出場を決めていた、松山選手と谷原選手ですが、デング熱・ジカ熱等の不安もあり辞退。変わって、池田選手と片山選手が出場します。

監督の丸山さんは「メダル獲得のチャンスは十分にある」とコメント。ついに復活のゴルフで、日本人のメダル獲得を応援しましょう。ゴルフファンは必見ですね。

他にも、数々の競技選手が出場します。リオで素晴らしい結果を残してもらえるように、応援しましょうね!(男子バスケが出場できなかったのが残念)

日本から出場する選手についてはこちら!⇒Rio 2016 日刊スポーツ

 

 

南米初の夏季五輪!日程と競技種目はどのくらいあるの?

今回のリオオリンピックは、南米で初めての夏季五輪となります。夏に開催されるのは31回目。

南半球での開催は…….

1956年【メルボルン五輪】

2000年【シドニー五輪】

に続いて16年ぶり3回目です。

~日程~

8月5日~21日の17日間。開会式は現地時間8月5日午後6時(日本時間同6日午前6時)の予定。

~競技種目~

全28競技306種目。今回は、7人制ラグビーとゴルフが採用されている。ゴルフは、1904年の第3回セントルイス五輪以来112年ぶりの復活。7人制ラグビーが採用されたのは今年が初めて。

15人制ラグビーとはまた違った迫力・スピード感があり、ファンの期待も高まっている。

 

 

世間を騒がせているドーピング問題は今どうなっている?

ドーピンング

皆さんご存知ロシア陸上競技選手のドーピング問題。ドーピング問題を告発した選手も出場禁止になっています。詳しくはこちら→ドーピング問題告発選手五輪出場みとめられず

ドーピングについて

ロシア代表選手のドーピング検査は、基準よりも更に厳しくなると考えられます。

組織的なドーピングが認定されたロシアの選手でリオデジャネイロオリンピックに出場できない選手は、原則、全選手が出場できない陸上を含めて、これまでに5つの競技団体の100人以上に上っています。

IOCは、組織的なドーピングが認定されたロシアについて、国際競技団体が認めた場合などの条件付きで、リオデジャネイロオリンピックへの出場を認めることを決めた。

これを受けて各国際競技団体は、過去にドーピング違反をしていないことなどIOCが出した条件を踏まえ、対応を急いでいます。NHKが日本時間の28日午前8時現在でまとめたところ、出場を認められていない選手の数は、原則すべての選手が出場できない陸上の67人をはじめ、ボートの22人など合わせて102人となっている。

ロシアが当初結成した選手団は387人で、現時点で4分の1以上が出場できない事態となっています。一方、出場登録をしたすべての選手の出場を認めた。

スロン、バレーボール、柔道、セーリング、フェンシングで、新たに卓球が3人全員の出場を認めた。

また「調査中」は、体操、ボクシング、ウエイトリフティング、ハンドボール、レスリングの5団体。テコンドーは「近く判断する」としています。

オリンピックの開幕まで1週間余りに迫るなか、ロシアの選手団がいまだに確定しない異例の事態は続いていて、各競技団体の検討は最終局面を迎えています。

 

 

開催まであと少しだけど、リオは大丈夫?

五輪を開催するのは、様々な準備が必要です。開催まで急ピッチで準備が進められていますが、まだまだ問題もあります。

 

インフラ建設の遅れ

当初は「スタジアムの完成が間に合わないのでは?」と心配されました。開催日までには完成する見通しです。しかし、2016年1月になっても、テニス競技と馬術競技の会場建設の作業が遅れているとして、リオデジャネイロ市が建設を請け負った企業との契約を解除したとのニュースが報じられました。

馬術の会場は1月の時点でまだ3分の1しか工事が進んでいないとのことです。以前IOC(国際オリンピック委員会)に「過去最悪の遅れ」と批判されたリオ五輪のインフラ建設問題。滞りなく五輪を開催できるのか!?心配する声が世界中から上がっています。

 

環境問題・治安問題

セーリング会場であるグアナバラ湾は、深刻な水質汚染問題を抱えています。家電などの大型ゴミや下水が流れ込み、犬や猫、魚の死骸がプカプカ浮かんで、ひどい悪臭が漂っていると。

当初の計画では、五輪開催までに水質が改善される予定でしたが、今となってはそれも期待薄でしょう。選手の健康面が心配されます。

拳銃等も所持している家庭も多く、発砲事件もザラです。デング熱・ジカ熱も流行しており問題となっております。五輪開催が決まってから、治安改善が進んできたとはいえ、2015年にはドイツ人観光客の刺殺事件や警察と麻薬組織の銃撃戦が起きています。

大会期間中には保安要員を増員し警戒態勢を取るとは言われていますが、一般観光客が安心して訪問できるのか、不安視する声は根強くあります。各国の要人が集まる世界的なイベントだけに、厳重な保安体制で、トラブルなく五輪を開催することが、ブラジルにとっての大きな課題。

 

沢山の問題もありますが、選手達が気持ちよく競技を行えるようにIOCオリンピック競技委員会の方に頑張ってもらいたいですね!

地球の裏側で応援しましょう。