7月30日に伊藤超音波メーカーのセミナーに参加いたしました。整骨院においてはこの超音波治療というのは、外傷治療をするうえでは必須のツールと言えます。そこで今回のセミナーにおいて超音波をどの様に効果的に使うかを聞いてまいりましたので、読んでみてください。




~超音波治療器の効能・効果について~

 

〇超音波マッサージで、急性期の炎症を軽減する

〇温熱作用で筋肉の柔軟性を高める集中的治療

 

 

この二つの効果が挙げられ、この効果を出すために次の事を機器はやってります。

超音波治療器は一秒間に数万回の振動で生体に摩擦を発生させ、温熱作用を生み出し深部筋まで温めることが出来ます。これを立体加温と言います。またこの振動がマッサージ作用を生み出しケガ直後の炎症・老廃物を除去します。これをミクロマッサージと言い捻挫の急性期に役立ちますます。さらに設定方法で治療機の効果的な設定方法を組み合わせることで、3割から4割は早期治癒を見込めます。

 

 

~機械の設定方法~

1秒間に数万回の振動というので熱を作っているということを「DUTY」で表示しており、DUTY20%であれば20%摩擦を起こして80%は休んでいます。

したがってDUTY20%であれば熱が出にくいので急性期には良いとされています。逆に組織を温めて緩めたいところなどは、DUTYを50%から100%で行うと良いとされています。

 

 

皮膚表層からの深さに置いては、「周波数」1MHzと3MHzで表示します。プローブ端子では皮膚表層からの深さを変えることができ、ターゲットの組織に対して切り替えて使うことができます。

 

 

以下のグラフのように各周波数の違いを見ると、1MHzでは1cmで温度が39度に上がると一定の温度を保っていますが、1MHzは深部まで到達でき、1wで10分照射すると、1cmの深さの温度が39度台に上がり、4cmでも38.88に温度が保てることから、腰部殿筋部などの深層筋にアプローチしたり、硬くなった筋などをほぐす役割を果たします。

 

 

3MHzでは2cmを過ぎると温度が下がり始めました。つまり3MHzでは深く入らないことからこのようになるので、炎症のある所や、深く照射したい所の下準備として少し充てておくと、その後の1MHzが非常に早くから到達しやすくなりますので、コンビネーション治療で臀部などを行うときに有効かと思います。

 

 

 

~超音波治療の使い分け~

設定モードが3つあり、端子で分けられます。

① 温熱モード(DUTY50%~100%)⇒ 筋緊張軽減に高い即効性 ハイパワー 1.0W

② 音圧モード(DUTY20%以下)   ⇒ 急性期の発痛物質、炎症除去 ミドルパワー 0.5W

③ 低出力パルス超音波(LIPUS)   ⇒ 骨折治癒、オペ総部などの癒着軽減 ローパワー

 

①と②はプローブ端子で行い、③のLIPUS端子と併用することで、外傷の3~4割は治療期間の短縮を担うことだ出来ます。

例えば、LIPUSを患部に直接充てて、その周辺だったり裏側だったりをプローブで①又は②で行うコンビネーションの使い方は非常に有効とされています。

 

例えば足関節捻挫で腫脹がある場合は先に熱感をアイシングして起き、その後LIPUSを患部にあて10~20分、その後周囲を含めプローブで3MHzの出力0.5w、DUTY50%で3~5分照射したり、その後の治療として下腿が疲労したような痛みが出てきたときにはLIPUSを患部に10~20分、プローブで1MHzのの出力1.0w、DUTY100%で5分、前脛骨筋側や腓骨筋側を照射してみると良いでしょう。

LIPUSが無くプローブ端子のSとLで治療されているところでもL端子で3MHz・0.5w・DUTY20~50%(損傷程度で変えてください)3~5分でも構いません。

コンビネーションではありませんが、私が体験した膝のアプローチをご覧ください。

 

 

戸軽自身の実際の症例;膝関節

オスグット+半月板と軟骨の加齢変性による痛み

プローブL

DUTY50%

周波数3MHz

出力1.0W

照射ポイント;膝蓋靭帯両側の窪み・膝蓋上部四頭筋腱両側の窪みの4ポイント

照射方法;1点15秒単位でプローブの面積より一回り大きいくらいに動かす程度で、4点を順番に3~5分間照射。この際に患者さんには膝をリラックスしてもらい、他動で照射しながら膝を軽く動かす。

私の場合、疲労や膝に負担がかかると、歩行時や階段昇降で痛みがあり、座っていてもズキズキしていることもあります。このセミナー中もモヤしていましたが、照射後はモヤっとしたものが取れて楽に膝の曲げ伸ばしが出来ました。

 

また大腿筋の肉離れにもこのようなコンビネーションが有効とされています。更にこの設定で応用できるアプローチとして、オスグッドや鵞足炎などの腱の炎症性の痛みに対する消失効果が期待できます。

 

野球肩や肘などでは患部にLIPUSを10分~20分程充てておいて、肩、上腕、前腕の橈骨神経の痛みのある場所をプローブで5分ほど治療していきます。この場合のプローブの設定はLで1MHz、出力2.0w、DUTY100%で大丈夫ですが、深部到達で痛みが出ましたら1.0wに出力を下げてみましょう。

 

坐骨神経痛や腰痛においては殿筋の梨状筋孔にLIPUSを充てて腰から坐骨神経ラインの硬い所や影響を受けているところをプローブで治療していきます。

 

患部が靭帯や関節であれば逆に装着してみるのもいでしょう。その時はプローブのDUTYや周波数、出力に気をつけましょう。また、関節可動域を改善させることのできる治療法として、次のコンビネーション治療に超音波を使っています。

 

 

 

 

~ハイヴォルテージを使用した治療について~

EU-910という最新機器を使っての治療でしたがこの超音波危機はハイヴォルテージと組み合わせて行うことができます。電気刺激はおおむね疼痛という知覚神経系統の痛みを抑制する目的があり、電気治療を行いながら硬結部位を超音波のマッサージ機能で取り除くというやり方です。

先ほどのLIPUSとプローブ端子のコンビネーションに近いですが、こちらでは疼痛抑制が目的に含まれていますので、該当する知覚神経支配領域にHV(ハイヴォルテージ)電極を付けて電気刺激を与えながらプローブで患部を治療していきます。

 

ストレートネックから来る首周りの姿勢不良による肩甲挙筋にかけての痛み。ここを超音波で治療していき、パッドは関連部位の対極にとる事で小胸筋の起始部付近の痛みのあるところに充てる。

プローブL端子         HV(ハイヴォルテージ)130Hz~200Hz(急性モード)

DUTY50%         パルス幅        6w/sec

周波数3MHz         出力45.5v(人による)

出力1.0w

 

 

 

まず超音波から始め、痛み刺激が無いことを確認してからHVを上げていきましょう。肩甲骨挙上気味よる外転の状態、治療時間の短縮や状態がよさそうであればDUTY100%で治療も可能です。

治療時間は3分~5分を目安にしてください。温まり感はDUTY100%で1~2分で温かさを感じてきます。

 

 

 

~電流刺激治療~

神経刺激効果(ビリビリするものは神経を狙って治療しています)

近年、深部到達性の高い刺激方法が開発されていて、電流による知覚神経や運動神経を刺激して痛みを軽減し、筋のパフォーマンスを向上します。

 

 

 

~電流刺激療法の効果的な設定方法~

 

神経刺激を目的とする電流(ビリビリするもの)= 深部到達エネルギー:Hⅰ-voltage・立体動態派など

 

→知覚神経への刺激により疼痛を抑制する(電気でブロックする)

→運動神経への作用により筋を収縮する(EMS)

 

組織修復を目的とする電流(ビリビリしないもの)= 微弱電流療法:MCR・3D-MENS・マイクロカレントなど

 

→損傷電流補完による腫脹の軽減と創傷治癒

 

 

 

〇電流刺激療法の効果的な設定方法

 

 

疼痛抑制を目的としている場合、最適な周波数と強度設定をして、知覚神経に沿って貼り付けます。

 

急性期の鎮痛においては、電流周波数は100~200Hz、最適強度は感覚閾値~反応閾値以下で行ってください。ここでいう感覚閾値は「ピリッと」電気刺激が分かったところ。反応閾値は筋肉が「ピクッ」と動く手前までです。(動くか動かないか)

 

刺激が強いと筋の防御性収縮(筋性防御)が働いてしまい、筋肉が硬く(筋緊張が高まる)なってしまいます。

 

肉離れを起こした患者さんにはこの設定で3~5分かけると良いようです。患者さんの中には、物足りないという人がいるかもしれませんが、繊維がバラバラに裂けている状態での修復は、炎症抑制と血流の促進を併せて説明して頂くと良いと思います。そしてこの後、超音波を使っても良いかと思いますし、3日後くらいから炎症が収まってきたら、LIPUSを患部に置きながらコンビネーションで治療していくのも良いでしょう。

 

慢性期の鎮痛においては電流周波数を1~10Hzにして最適強度を感覚閾値~反応閾値程度(ピクピク軽く動き始めた所)としてください。

ここでは、単収縮(ピクピクピクピク)といった状態では筋肉は動いているが負荷がかかっていないので、血流促進は行われているものの老廃物はそれほどでない状態です。

これ以上上げていくと筋拘縮になりますので、筋肉が疲れてしまいます。もし反応閾値程度の強さでも疲れてしまうようならば、終わった後に急性期鎮痛の設定で1~3分行ってあげてください。

 

この感覚神経(知覚神経)の疼痛抑制の応用としては、患部(痛みを感じている所)に1つ。その箇所のデルマトームで領域を調べておき、該当領域の下肢ならば、腰に。上肢ならば頸、肩にもう一つを取り付けるのも良いでしょう。

 

~筋刺激を目的としている場合~

目的:筋緊張軽減(小さな筋)首肩、前腕の筋、電流周波数:200Hz;柔らかい強縮 /最適強度:反応閾値~痛くない程度 。

目的:筋緊張軽減(大きな筋) 腰部、臀部、大腿部の筋、2~4Hz;単収縮/反応閾値~痛くない程度。

目的:筋力強化、(血流改善)電流周波数:20~80Hz; EMS・強い強縮/耐えうる強度まで 。

目的:筋ポンプ、(血流改善)電流周波数: 20~80Hz;良く動く強度/反応閾値以上(軽く収縮させて)

運動神経への作用により筋収縮を起こさせて筋トレをします。いわば筋力不足やのちの項目でも出てきますが硬くなった筋や、使わなくなった筋肉にアプローチをして、強化を図ることができます。

適度な周波数・強度設定をして刺激する筋の筋腹に貼り付けます。強度が高すぎると筋疲労が起こる場合があります。

 

 

 

超音波は発痛物質を取り除いて組織を緩め、電流刺激は痛みを取るという違いを利用して、コンビネーション治療を行うことができるのです。

例えば手技が苦手な方の場合、関節や硬くなった筋肉に超音波を当て、周囲を疼痛抑制の電流刺激治療を施し、その後にEMSや立体胴体波で筋肉を収縮させ疼痛抑制の電流刺激治療で動かした筋を休ませるといったことも可能です。

関節可動域を出したい場合では超音波+HVの後にEMSの後疼痛抑制の電流刺激治療をつけると良いでしょう。

 

 

最新物理療法のコンディショニングへの応用

EMS波形を応用する事で筋出力の促通・抑制が可能。

→機能亢進している筋 抑制 筋出力を低下

→機能低下している筋 促通 筋出力を上昇

EMS機能を使い、短縮(固く)している筋肉、良く筋緊張させていたり良く動かしている筋肉に対して、抑制の通電を行うことで、機能改善を図りやすくなる。

また、日常性活においてあまり使われていない筋肉に対して、促通の通電を多なうことによって筋力向上につながりやすくなります。

症例;肩甲骨挙上・外転傾向時のアプローチ(いわゆる肩がすくんで猫背の方)

通電部位を肩甲挙筋と対角にある小胸筋に置く(この二つの筋は短縮されている)。猫背の原因として、その姿勢により深部頚部屈筋群と対角をなす菱形筋や前鋸筋、下部僧帽筋筋力低下に寄るものとされます。

この短縮されている筋に対し、筋緊張軽減の周波数(抑制)設定し、程よい刺激強度において5分~10分行う。

この症例に対し、アプローチを変えて、筋力低下している前鋸筋と広背筋に通電させ筋出力を(促通)上昇させて程よい刺激強度で改善を図ることもできます。

 

 

 

Sponsored Links