7月30日に伊藤超音波メーカーのセミナーに参加いたしました。整骨院においてはこの超音波治療というのは、外傷治療をするうえでは必須のツールと言えます。そこで今回のセミナーにおいて超音波をどの様に効果的に使うかを聞いてまいりましたので、読んでみてください。




~超音波治療器の効能・効果について~

〇超音波マッサージで、急性期の炎症を軽減する。

〇温熱作用で筋肉の柔軟性を高める集中的治療。

この二つの効果が挙げられ、この効果を出すために次の事を機器はやってります。

超音波治療器は一秒間に数万回の振動で生体に摩擦を発生させ、温熱作用を生み出し深部筋まで温めることが出来ます。これを立体加温と言います。またこの振動がマッサージ作用を生み出しケガ直後の炎症・老廃物を除去します。これをミクロマッサージと言い捻挫の急性期に役立ちますます。さらに設定方法で治療機の効果的な設定方法を組み合わせることで、3割から4割は早期治癒を名指せます。

 

~機械の設定方法~

1秒間に数万回の振動というので熱を作っているということを「DUTY」で表示しており、DUTY20%であれば20%摩擦を起こして80%は休んでいます。

したがってDUTY20%であれば熱が出にくいので急性期には良いとされています。逆に組織を温めて緩めたいところなどは、DUTYを50%から100%で行うと良いとされています。

 

 

皮膚表層からの深さに置いては、「周波数」1MHzと3MHzで表示します。プローブ端子では皮膚表層からの深さを変えることができ、ターゲットの組織に対して切り替えて使うことができます。

 

 

以下のグラフのように各周波数の違いを見ると、1MHzでは1cmで温度が39度に上がると一定の温度を保っていますが、1MHzは深部まで到達でき、1wで10分照射すると、1cmの深さの温度が39度台に上がり、4cmでも38.88に温度が保てることから、腰部殿筋部などの深層筋にアプローチしたり、硬くなった筋などをほぐす役割を果たします。

 

 

3MHzでは2cmを過ぎると温度が下がり始めました。つまり3MHzでは深く入らないことからこのようになるので、炎症のある所や、深く照射したい所の下準備として少し充てておくと、

その後の1MHzが非常に早くから到達しやすくなりますので、コンビネーション治療で臀部などを行うときに有効かと思います。

 

 

 

~超音波治療の使い分け~

設定モードが3つあり、端子で分けられます。

① 温熱モード(DUTY50%~100%)⇒ 筋緊張軽減に高い即効性 ハイパワー 1.0W

② 音圧モード(DUTY20%以下)   ⇒ 急性期の発痛物質、炎症除去 ミドルパワー 0.5W

③ 低出力パルス超音波(LIPUS)   ⇒ 骨折治癒、オペ総部などの癒着軽減 ローパワー

 

①と②はプローブ端子で行い、③のLIPUS端子と併用することで、外傷の3~4割は治療期間の短縮を担うことだ出来ます。

例えば、LIPUSを患部に直接充てて、その周辺だったり裏側だったりをプローブで①又は②で行うコンビネーションの使い方は非常に有効とされています。

 

例えば足関節捻挫で腫脹がある場合は先に熱感をアイシングして起き、その後LIPUSを患部にあて10~20分、その後周囲を含めプローブで3MHzの出力0.5w、DUTY50%で3~5分照射したり、

その後の治療として下腿が疲労したような痛みが出てきたときにはLIPUSを患部に10~20分、プローブで1MHzのの出力1.0w、DUTY100%で5分、前脛骨筋側や腓骨筋側を照射してみると良いでしょう。

LIPUSが無くプローブ端子のSとLで治療されているところでもL端子で3MHz・0.5w・DUTY20~50%(損傷程度で変えてください)3~5分でも構いません。

コンビネーションではありませんが、私が体験した膝のアプローチをご覧ください。

症例;膝関節

半月板と軟骨の加齢変性による痛み

プローブL

DUTY50%

周波数3MHz

出力1.0W

照射ポイント;膝蓋靭帯両側の窪み・膝蓋上部四頭筋腱両側の窪みの4ポイント

照射方法;1点15秒単位でプローブの面積より一回り大きいくらいに動かす程度で、4点を順番に3~5分間照射。この際に患者さんには膝をリラックスしてもらい、他動で照射しながら膝を軽く動かす。

私の場合、疲労や膝に負担がかかると、歩行時や階段昇降で痛みがあり、座っていてもズキズキしていることもあります。このセミナー中もモヤしていましたが、照射後はモヤっとしたものが取れて楽に膝の曲げ伸ばしが出来ました。

 

また大腿筋の肉離れにもこのようなコンビネーションが有効とされています。更にこの設定で応用できるアプローチとして、オスグッドや鵞足炎などの腱の炎症性の痛みに対する消失効果が期待できます。

 

野球肩や肘などでは患部にLIPUSを10分~20分程充てておいて、肩、上腕、前腕の橈骨神経の痛みのある場所をプローブで5分ほど治療していきます。この場合のプローブの設定はLで1MHz、出力2.0w、DUTY100%で大丈夫ですが、深部到達で痛みが出ましたら1.0wに出力を下げてみましょう。

 

坐骨神経痛や腰痛においては殿筋の梨状筋孔にLIPUSを充てて腰から坐骨神経ラインの硬い所や影響を受けているところをプローブで治療していきます。

 

患部が靭帯や関節であれば逆に装着してみるのもいでしょう。その時はプローブのDUTYや周波数、出力に気をつけましょう。また、関節可動域を改善させることのできる治療法として、次のコンビネーション治療に超音波を使っています。

 

 

 

 

~ハイヴォルテージを使用した治療について~

EU-910という最新機器を使っての治療でしたがこの超音波危機はハイヴォルテージと組み合わせて行うことができます。電気刺激はおおむね疼痛という知覚神経系統の痛みを抑制する目的があり、電気治療を行いながら硬結部位を超音波のマッサージ機能で取り除くというやり方です。

先ほどのLIPUSとプローブ端子のコンビネーションに近いですが、こちらでは疼痛抑制が目的に含まれていますので、該当する知覚神経支配領域にHV(ハイヴォルテージ)電極を付けて電気刺激を与えながらプローブで患部を治療していきます。

 

ストレートネックから来る首周りの姿勢不良による肩甲挙筋にかけての痛み。ここを超音波で治療していき、パッドは関連部位の対極にとる事で小胸筋の起始部付近の痛みのあるところに充てる。

プローブL端子         HV(ハイヴォルテージ)130Hz~200Hz(急性モード)

DUTY50%         パルス幅        6w/sec

周波数3MHz         出力45.5v(人による)

出力1.0w

 

 

 

まず超音波から始め、痛み刺激が無いことを確認してからHVを上げていきましょう。肩甲骨挙上気味よる外転の状態、治療時間の短縮や状態がよさそうであればDUTY100%で治療も可能です。

治療時間は3分~5分を目安にしてください。温まり感はDUTY100%で1~2分で温かさを感じてきます。

 

 

 

~電流刺激治療~

神経刺激効果

近年、深部到達性の高い刺激方法が開発されていて、電流による知覚神経や運動神経を刺激して痛みを軽減し、筋のパフォーマンスを向上します。

これについてはパート2をご覧下さい。

Sponsored Links